生涯独習ちりぬるを【旧】

ブログ引っ越しました
→ https://momijiteruyama.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

[bowling:595] arm is above parallel at the timing spot

2015-08-22 | bowling/throwing
↓この動画に「Timing spot」という言葉が解説されてます(8分17秒くらいから)



スライド足の足裏がアプローチに平行に着く瞬間が timing spot
多くのボウラーがは、このタイミングで腕がアプローチと平行
このタイミングで above parallel(平行より腕が高い) と late(=手遅れ)
ということらしく、その代表格として紹介されているのが我が師匠 Jason Couch

この動画を見たのが今年の春
その時から、「いつか僕も above parallel な人になりたい」と思ってましたが
今日初めて、above parallel ができてしまいました



左の写真が先月(7/26)、真ん中の写真が今日、一応、above parallelにはなってる!
右の師匠の写真の超aboveっぷりに比べるとまだまだですが、それでもだいぶ進歩です


今日はスピードも31km/hに手が届きそうでした
16lbにしたからといって、スピードが落ちることはありませんでした



でも目標は33km/h、ここから先が長そうです

にほんブログ村
コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« [bowling:594]新メジャー | トップ | 新10ピンアングル »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あめ)
2015-08-27 10:46:48
この記事読んだとき「おぉ!」と声をあげました。が、台風のドタバタでコメントを忘れてました。

タイミング習得、おめでとうございます。
これ、なかなかやろうと思って出来るものじゃないですよね。

最初の頃「手遅れが苦手」と言ってたのは誰だっけ?
Unknown (もみじ)
2015-08-27 21:24:11
ありがとうございます!

でも、まだ習得って感じじゃないです
ストレートでしかできないし、明日はできなそうなだし
でも、習得しますよ!、やっと光が見えてきたので

思えば年初にあめさんからいただいた
『最終ステップ(スライド)とスイングが引っかかりが浅く見えます。』
ってコメント、これがタイミング変更の出発点でした

そのころから、さんざんいろいろやって
結局、助走走って「足早」にして光が見えました

あめ一門のように、4歩助走の2歩目でダウンスイングを受ける ってのは僕にはできませんでしたが・・・

bowling/throwing」カテゴリの最新記事