生涯独習ちりぬるを【旧】

ブログ引っ越しました
→ https://momijiteruyama.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

[bowling]骨盤と肩胛骨のポジションと動作イメージ

2010-09-08 | bowling/throwing
脇ガハガバ な理由をいろいろ考えてます


やっぱり背負っちゃダメだよね とか

背負うのはダウンが早すぎるから とか

そういった各論はいくらでも拾えるのですが

やっぱりそれだけじゃ上手くいく気がしない今日この頃



そもそもの投げ方が間違ってる気がしてきました


ローダウンリリースかどうかや

回ってるかどうかなんて関係なくて

もっと根っこにあたる

『オープンバック投法の基本動作(土台)が出来てるか』

ってところを見なくちゃという気がしてきたのです


手が、腕が・・・っていうような些細な末端技術を追っても

フォームは良くなりませんよね



僕は、は手足を使う全ての動作の「根っこ」は、

骨盤と肩胛骨(=胴体)

と認識してて、

野球やテニスやゴルフや水泳では
骨盤と肩胛骨をとっても意識してます


でも、ボウリングではついつい

手 に意識がいってしまい

骨盤も肩胛骨も意識外


何ででしょうか?

胴体動かしても動かしづらい程、
重たいものを持ってるからでしょうか?



いずれにしても

発想を変えてみようと思います



まずは、

・オープンバック投法に適した胴体のポジション


次に

・オープンバック投法に適した胴体の動作イメージ


最後に

・それに合った手足のポジション
っていうように、考えを方を逆転させてみようと思います



最後の

・それに合った手足のポジション
ってのが肝な気がしてまして

テニス・ゴルフの経験から推測すると

手足はいかに動かすかよりも、
いかに動きを抑え、
胴体に対する良いポジションに置き続けるか

が大事な気がするのです

(「脇を締める」というのも
 「胴体に対する良いポジション」を保つ方法かと)



ただ・・・

意識を変えただけで
動きが良く変わるわけはありません

じゃ、どういう練習をすればいいのか?

となるのですが、全く見当がつきません



ボウリングって、他のスポーツより
『ドリル』とか『練習方法』の情報が少なくないですか?

ローダウン系の書籍やWeb講座などもありますが
手先のことが中心のようですし



練習方法は、自分で考えるしかないのかなぁ・・・

玉砕覚悟で



まぁ、そんなプロセスも楽しみのうちなので

いろいろやってみましょう


そんなことをやっているうちは、
まだまだ8ポンドが手放せそうもありませんねぇ

にほんブログ村
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« [bowling]ライアン君 | トップ | [bowling:35]両手投げ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど (あめ)
2010-09-08 16:36:54
> 手足はいかに動かすかよりも、
> いかに動きを抑え、
> 胴体に対する良いポジションに置き続けるか

なるほど。
今月の私のテーマとさせていただきます。
素人考えですが (もみじてるやま)
2010-09-08 23:40:59
全く見当違いではないと思うんです

僕は野球も左練習したのですが、
その時もキーはこれでしたから

bowling/throwing」カテゴリの最新記事