mola_circus モラを楽しむ

パナマのクナ族が着ているモラ(ブラウス)は、模様がまるで絵画のようです。いっしょにモラを楽しみませんか。

迷路の中の鳥

2007-01-29 | 現地モラ
ピンクの迷路がかわいいでしょ。小さくて子供用のモラです。

二色モラが続いたので、今日は次の段階とでも言えるモラを紹介します。

上布が黒で土台がピンクです。

このモラの場合は鳥の胴体にカラフルな羽を付けています。

二色のモラは普段着のモラとも言われています。
作るのも時間がかからないし、第一薄く仕上がるので、暑いサンブラス諸島の暮らしにはこの方が快適に決まっています。
布が何枚も重なったモラを着るのはおしゃれ以外の何ものでもないのかも。

薄いモラは快適とはいえちょっと物足りないな、色を加えたいな、といって産まれたのがこのようなモラではないでしょうか。
私はそんな風に考えています。

二色モラの一部がカラフルにアップリケされているモラは他にもたくさん見られます。
全体は二枚ですので、それでもまだ涼しいほうではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 二色モラ(3) | トップ | 迷路の中の鳥 (2) »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最初は・・・ (ebiten)
2007-01-29 14:05:11
このモラの縫い始めは、どこからなのですか?

縫い始めから真ん中に小鳥を入れる予定で作り
始めるのですか?

なるほどね。サンブラスは赤道直下なのでかなり
暑いのですね。日中は何度くらいになるのですか?

二色モラが普段着のモラと言われているのは、薄くて
着心地よいからなんですね♪

何枚も布を重ねたモラを着たら、汗だくになってしまいそう!
小鳥が主役かな (chiyoe)
2007-01-29 18:15:29
小鳥がモチーフなので、最初から真ん中に入れたいと思って作られたと思われます。

このモラは大きくわけて二つの部分に分かれています。小鳥を中心にした四角の部分と、周囲の渦巻き(迷路)の部分です。迷路の枠は左右一続きで作られているのがわかりますか?

小鳥の大きさによって周囲の空きは変わってきますので、私だったら小鳥から先に作りますが、
周囲の迷路の形を作りたくて、その中に入る大きさに決める場合もあるので、どっちともいえません。

パナマは湿気の多い暑さで不快指数は高いところでした。
そんな中でモラが産まれたというのが不思議

なるほど (ebiten)
2007-01-29 18:38:12
小鳥の部分を大きくするかしないかで、周りの迷路の
部分の大きさも変わってくるのですね!

周囲の迷路のの部分をパソコンの矢印でたどって
行ったら、左右一続きという事がわかりました!

解説していただいた後にモラを見るといろいろわかって
面白いですね♪

パナマは湿度が高いんですね。サンブラス諸島は、
海に囲まれているので、海からの風が吹いて涼しくて
気持ちいいのかな?と思っていました。 そんな暑苦しい
ところで、縫い物をするなんて私ならとても
考えられませんね♪

コメントを投稿

現地モラ」カテゴリの最新記事