mola_circus モラを楽しむ

パナマのクナ族が着ているモラ(ブラウス)は、模様がまるで絵画のようです。いっしょにモラを楽しみませんか。

二色モラ(3)

2007-01-28 | 現地モラ


二色モラが続いていますが、これは上が黒、土台が赤です。

クッションに加工されていましたので、ブラウスサイズのモラとは異なり、
小さめです。
ちゃんと計ればいいんだけど、まあA4サイズをひとまわり大きくした位と思ってください。
それにしてはたくさんの線でしょう。
とても細かいモラなんです。

同じ線模様でも作り手によってずいぶん線の太さは異なります。
それぞれの持ち味で良しということで、それがモラのいいところです。

複雑に見えてもモチーフの線模様は、まずモチーフの輪郭からとりますので、その線を追って見てください。
モチーフの輪郭が出たら、その内と外を埋めていきます。

それにしてもこれはちょと複雑。
モチーフ(鳥)の外側まで一続きで作っているので、線が見分けにくいですね。
作り手の力量がわかります

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 二色モラ 鳥の親子 | トップ | 迷路の中の鳥 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わー複雑! (ebiten)
2007-01-28 09:11:40
私は、二色モラを作った事がありません。

このモラを見た瞬間、わー!何て複雑なの?と驚いて
しまい、何が何だかよくわかりませんでしたが、
chiyoeさんの解説に従って輪郭の線を追っていくと
何となく見えてきました♪

でもあまりの複雑さにただただ驚いています!
モラって凄いですねぇ!
確かに複雑そう (chiyoe)
2007-01-28 10:36:31
どんなに複雑そうに見えても、二色モラは布が二枚だけなので、線をなぞっていけば作ることが出来ます。

現地の人はこれをフリーハンドで作ります。

フリーハンドは難しそうに思いますが、作り慣れてくるとこの方が簡単です。
何しろ自由なんですから。

人の線を真似ることの方が難しいことだと解ります。

モチーフの輪郭だけ出して後は自由と思うと、
何だか作りたくなりませんか

コメントを投稿

現地モラ」カテゴリの最新記事