高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

東京地下要塞都市建設が急ピッチで進んでいます!いよいよですか・・・・!

2013-06-23 00:16:30 | 危機です!

東京地下要塞都市建設が急ピッチで進んでいます!

 



【首都高速中央環状線】工事が、カモフラージュです!

現場における工事明細の説明書きでは【シ-ルド工法】と書かれていますが実際の工事は全く違うモノです。

 山手通り全面に「覆鋼板」と呼ばれる【1メ-トル*2メ-トル】の鋼鉄のパネルが張り巡らされ必要に応じてあけられるようになっています。

 そして地下は【40センチ角の鉄骨】が何重にも組まれ地下60メ-トルまで掘削されています。

 シ-ルドの機械で掘削するのではなく重機で全面掘削ですが、地上から【直径16メ-トル長さ40メ-トル】厚さ40ミリの金属の筒を下ろしボルトで連結しています。

 突貫工事だったため【代々木八幡】に作られた空気抗は金属の筒を切断する事から始められました。

 しかし、極めて特殊な金属で【プロの加治屋】が一日40センチ程度しか切断できませんでした。

 またその工事範囲は山手通りの下だけでなく遙か代々木公園方面にも続いています。

【代々木八幡】と【新橋】、【六本木】【日本橋】、【日比谷】でも行われており首都の地下は空洞状態です。



 工事が完了した区域は埋め戻しはせず、「覆鋼板」の上にアスファルト舗装をしています。

 元々東京の地下には【旧参謀本部】や多くの地下施設が有りましたし、再開発で高層ビルが狭い地域に林立します。その地下は駐車場を初めとして連結され地下都市の様相をしています。

 それらと【首都高速中央環状線】【地下鉄網】と結び【地下60メ-トルから200メ-トル】の深さで核シェルタ-も兼ねた巨大な地下要塞になっています。


 東京は【ヨハネの黙示録】に書かれる【大バビロン】として作られたのです。
 20年以上前から秘密裏に都内全域に小さなポンプ場が川の近くに作られていますが、これは【上下水道】は壊滅する事を前提に【飲料水】だけは確保しようとする物なのです。

 三原山噴火を予想し的中させた【琉球大学の木村政昭教授】は【5年以内に富士山が噴火する】と予言しています。
 そして富士山の巨大噴火に前後して東京湾北部直下地震がこれらの地下要塞を水没させ一時的にせよ【東京を海】にしてしまうのです。

 皇居周辺は、最も深く施設が作られているので、あたりは消滅するでしょう。



 東京駅の全面改修は浮き上がる駅舎を止めるため【3000本のアンカ-を打ち込むことが目的でした。

 秋葉原再開発そしてスカイタワ-も浮き上がる東京を押さえるための巨大な【アンカ-】なのです。

それとはね逆に市川から千葉にかけては沈降しています。

 日暮里-舎人間のモリレ-ルは緊急避難道路ですから、歩けるようにレ-ルは敷設されていません。

 東京の要塞化は、第三次世界大戦を想定した物なのです。

 福島はそのための巨大な実験場なのです。

 世界の支配層-天皇家は人類を何分の一にすることを想定しているのでしょうか。

ゆがんだ歴史観を持つ裏皇室と呼ぶべき存在は、現在の天皇家は偽物で【百済王朝】を受け継ぐ存在こそ正統なる天皇ととらえています。

 そしてそれは明治天皇の隠し孫である【文鮮明】と自民党・民主党・公明党幹部は認識していたのですが危篤状態のため急遽変わりとして【大正天皇の隠し孫の池田大作】の実子・【前原誠司】を【蘇ったキリスト】として育てようとしています。

 まさに【偽キリスト】の誕生なのです!



 千年王国の建設を夢見いてる巨悪はこの【5年半】の間にほとんどが【鬼籍】の人になります。

 統一教会の僕たる【のだ】【マエハラ】【あべ】【松下】は選挙戦で現実を知るでしょう。腐った血族など必要とされていないことを。

この間のアメリカや中国そして韓国・日本の奇妙な動きは【第二次朝鮮戦争】の開始を想定したモノなのです。

 

いよいよ始まりますぞ!


この記事についてブログを書く
« 恐るべしサイレント兵器LRAD... | トップ | 緊急提言!東日本に住んでいる... »
最近の画像もっと見る

危機です!」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事