高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

知っていましたか?何とパンダは、ハンバーグを食べています!!

2019-05-20 06:10:54 | 中国

知っていましたか?何とパンダは、ハンバーグを食べています!!

直径10cm程度の丸いハンバーグを毎日食べています!!

そりゃあそうでしょう竹だけでは、あんな巨体は維持できませんよね!!

 

驚きました!!

 

パンダ (panda) は、ネコ目(食肉目)に属するジャイアントパンダクマ科)とレッサーパンダレッサーパンダ科)の2種に対する概念上の総称である。別名は熊猫(くまねこ)。両種とも中華人民共和国に生息しているという共通点がある。

名称が共通しているのは、かつて両者が類縁関係にあると考えられていたことに由来するが、その後の研究により現在では類縁関係は否定されており、両者を同じグループとして見做す生物学的な根拠は存在しない。

<input id="toctogglecheckbox" class="toctogglecheckbox" style="display: none;" type="checkbox" />

ソース画像を表示

呼称

単にパンダといった場合、現在ではジャイアントパンダのことを指すことが多い。しかし、当初は先に発見されたレッサーパンダに対して「パンダ」と命名され、後に類縁関係にあると見做されたジャイアントパンダが発見されたことを受けて、従来のパンダをレトロニムでレッサーパンダ(英lesser panda 「小さい方のパンダ」の意)と呼ぶようになったという経緯がある[1]

中国語では、パンダを熊猫繁体字: 熊貓簡体字: 熊猫拼音: xióngmāo)、ジャイアントパンダを大熊猫繁体字: 大熊貓簡体字: 大熊猫)、レッサーパンダを小熊猫繁体字: 小熊貓簡体字: 小熊猫)と呼ぶ。これらの使い分けは、本項のパンダと同様である。「熊猫」の字義に着目すると、ジャイアントパンダと体格などの共通点に乏しい「」の字が使われていることは不可解であるが、原義はレッサーパンダのことだということを念頭に置けば理解しやすい。なお、現在の台湾では「猫熊」と呼ばれている。

パンダの系統問題[編集]

2種のパンダにはいくつかの共通点があり、中でも有名なのが、ヒト親指と同じ役目を果たすよう進化した手根骨第6の指」の存在である。このことから、これら2種は近縁と考えられ、パンダ科(Ailuridae、先に発見されたレッサーパンダ属が模式のためレッサーパンダ科とも)が置かれることもあった。クマ科アライグマ科に入れられるときも、2種が近縁であることを前提として論じられることが多かった。

しかし、1972年血清タンパク質抗原抗体反応法により、ジャイアントパンダのみがクマに近いことが明らかになった。現在では、DNA系統学的解析により、ジャイアントパンダはクマ科、レッサーパンダはレッサーパンダ科(現生種はレッサーパンダのみ)に分類される。この両科の関係は遠い。パンダは多系統であり、2種の共通点は収斂進化によるものだったことが判明している。

パンダを含む系統[編集]

M.J.Salesaらによる系統[2]を、絶滅種を除くなどして簡略化。なお、『ネコ目』に書かれている分類と異なり、スカンク科を置いていない。

レッサーパンダ科(Ailuridae)は訳が違うだけでかつてのパンダ科と同じ科だが、現在のレッサーパンダ科に含まれるのはレッサーパンダおよび近縁と考えられる化石種のみである。

  • クマ下目
    • クマ
      • ジャイアントパンダ
      • その他のクマ科+鰭脚類
  • イタチ小目
    • レッサーパンダ科
    • その他のイタチ小目

クックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!! 

 

  

  

 ・牛肉の80%以上が、「牛白血病」に汚染されていますが、この

  肉を食べていますと「癌」に成ります!!

・1年間一生懸命働いて、一生遊んで暮らせ!!

・エセ医師たちが「癌は簡単に治る」と宣伝してますが、「真っ赤」

 な嘘です。完治の事例はありません!!「個人情報」ですから言えませんと逃げてしまいます!!

・「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

・ネサンは、ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

  

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

この記事についてブログを書く
« 日本を巻き込む戦争が、いよ... | トップ | 野放しにされている「オレオ... »
最近の画像もっと見る

中国」カテゴリの最新記事