高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

尖閣諸島防衛から日中戦争が起こる!!

2019-10-19 01:08:12 | 危機です!

尖閣諸島防衛から日中戦争が起こる!!

尖閣諸島陸上自衛隊の新基地建設!!

 

 

まず上の写真だが、陸上自衛隊の新基地建設が予定されている宮古島と石垣島を中心にした、200kmと250kmの同心円を描いたものだ。

 

同じ地図上に、★印で示しているのが尖閣諸島が存在する位置である。

国有化以来何かと話題が多い、我が国のホットスポットだ。

 

下が、我が国が誇る最新式の地対艦ミサイルシステム一式で、ミサイル本体は12式地対艦誘導弾(以降、12式地対艦ミサイルと呼ぶ)である。

文字通り2012年に制式化(採用)されたばかりであり、沖縄新基地にはこの12式地対艦ミサイルの配備が予定されている。

 

画像を見るからにいかにもショボそうであり、どの程度の戦力になるのか。

全く心許なく思われるのではないだろうか。

次にこの、12式地対艦ミサイルの有効射程距離についてだ。

自衛隊の公式発表では、軍事上の機密もあるのだろう。

「100数十km」が公式発表の数値となっている。

 

2012年に制式化された12式地対艦ミサイルは、その24年前に導入された88式地対艦誘導弾の後継であり、その有効射程距離は200kmとされている。

2010年代の安全保障環境下において、四半世紀前に導入された装備よりも有効射程距離が劣る地対艦ミサイルを導入します。

そして実際には、その有効射程距離は当然のことながら200km以上は確実であり、常識的には極めて高い精度を期待できるのが250km。

恐らく300kmまでは十分作戦行動範囲としてあてにできる。

暗殺された!!

防衛省統合幕僚部の特殊作戦室長を務める黒沢晃1等陸佐が3日未明バイクにはねられて「尖閣諸島防衛作戦」と指揮死亡!!

「尖閣諸島防衛作戦」の指揮官が、死亡!!

 

 中国メディア・中国新聞網は4日、日本の「尖閣諸島防衛作戦」と指揮した重要な防衛官僚が3日にバイクにはねられ死亡したと報じた。

 

 記事は、日本メディアの報道内容を引用する形で事故について紹介。

 防衛省統合幕僚部の特殊作戦室長を務める黒沢晃1等陸佐が3日未明、防衛相宿舎に戻る途中で道路を横断した際にバイクにはねられ即死したこと、バイクを運転していた45歳の男が当時の状況を「覚えていない」と語ったことなどを伝えた。

 

 また、黒沢1等陸佐が尖閣諸島の防衛を担う部隊の隊長を務めた経験や、日米合同演習にも複数回参加していたことから「現在の、島の防衛指揮における最高軍事幹部」とするとともに、日本のネット上では「黒沢氏暗殺説」が登場したことを紹介した。

 

 中国新聞網の記事コメント欄には、黒沢一等陸佐の死を喜ぶような不謹慎かつ過激な反日的コメントが数多く書き込まれた。

 その中で「これだけの身分なら中国では専用車が出る。中国の軍官は世界一安全だな」など、尖閣問題や反日感情を持ち出さずに昨今同国内で話題となった軍の高級公用車乱用問題を意識した感想も見られた。

 

 

 

クックして応援を宜しくお願いしますFAX

 

 

 

 クックして応援を宜しくお願いします! 

 

 

 

    

 

 

 

年商10億円で20%の利益が出る会社がありますが、購入希望の方は下記までご連絡ください!! 事業参加も可。 FAX 042-361-9202

 

 

 

 ・ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。 

 

 

 

 ・ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

 

  

 

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成り 

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

 

 

 

 

 

  

 

  人気ブログランキング  

 

 

 

 

 

  

 

 


この記事についてブログを書く
« 世界基督教統一神霊協会 朝... | トップ | 「憲法改正」へ動き出した安... »
最近の画像もっと見る

危機です!」カテゴリの最新記事