高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

聖人の仮面をかぶった奴らが正体の一端を自ら暴露しましたが、これは氷山の一角です!!

2019-08-18 00:05:00 | 危機です!

聖人の仮面をかぶった奴らが正体の一端を自ら暴露しましたが、これは氷山の一角です!!

 奴らにとって「性奴隷」などは、可愛いものである!!

 聖人の仮面の裏には、残虐非道な行為を平然と行使する悪魔が隠されていますぞ・・・!!

ローマ法王、フランスの司祭が修道女を性奴隷にしていたと認める

Pope Francis in Abu Dhabi フランシスコ法王は神父による性暴力を中東訪問中に認めた。写真はアブダビを訪れた法王

 ローマ法王フランシスコ1世は5日、男性聖職者が修道女を性的に暴行する問題が継続中で、性奴隷扱いしていたケースもあると認めた。

 フランシスコ法王が、司祭による修道女の性的暴行を公に認めるのは、これが初めてと思われる。

 訪問先のアラブ首長国連邦(UAE)から帰国中の法王は、専用機内で同行記者団に対し、フランスにあった修道会で神父たちが修道女たちを「性奴隷」扱いしていたため、前任者の法王ベネディクト16世が修道会を閉鎖させたことを認めた。

 「ベネディクト法王は勇気をもって、女性修道会を解散した。

 というのもこの修道会の女性たちは、修道会を創設した神父たちによって性的奴隷と言える状態に置かれていたので」と法王は述べた。

 フランシスコ法王はその上で、カトリック教会として問題に取り組み続けているものの、司祭による修道女の暴行は「今も続いている」と話した。

 法王によると、修道女の性的虐待は「特定の、主に新しい修道会」で行われているという。

  法王庁のアレッサンドロ・ジソッティ報道官はこの後、米CBSニュースに、この問題の修道会はフランスにあったと明らかにした。

昨年11月にはカトリック教会の修道女が集まる国際組織が、自分たちの発言を食い止める「沈黙と秘密の風習」を非難していた。

 法王庁の女性向け雑誌は2月号で、司祭に暴行された修道女が人工中絶を余儀なくされるケースもあると告発していた。

 カトリックの教義は人工中絶を禁止している。

 この雑誌記事によると、2017年秋にアメリカを皮切りに世界的に広まった性暴力被害者を支援する「#MeToo(私も)」運動によって、前よりも多くの女性聖職者が虐待の経験を明かすようになっているという。

以上

食べられるよりいいよなあ・・・。

クックして応援を宜しくお願いします!

クックして応援を宜しくお願いします!! 

  

・ペットにも有効です!!

・ネサンは、ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。

・ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります

  

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!


 

 


 


この記事についてブログを書く
« 東京が戦場となって崩壊する... | トップ | 小泉純一郎が米軍の特殊部隊... »
最近の画像もっと見る

危機です!」カテゴリの最新記事