高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

危機!インフルエンザインフルエンザワクチンにも危険な“酸化グラフェン”が入っている? 

2021-11-25 00:35:39 | 愛国者

危機!インフルエンザインフルエンザワクチンにも危険な“酸化グラフェン”が入っている? 

mRNAワクチン(新型コロナワクチン)の真実が徐々に明らかとなっています。
また、同時にSARS2というウイルスの真の危険性(トゲ=スパイクタンパク)も解明されつつあります。

しかし、危険は新型コロナワクチンだけではないとするならば、あなたはどうしますか?
危険は、すでに訪れていた、とするならば、あなたは何を思いますか?

そうした問題提起をするのが今回の記事です。
(この情報がデマだと主張する人もいるでしょうが、アチキは真実性が高いと判断して記事にします)
正直言うと、アチキ自身も信じたくない内容です。
ですが、これがもし真実だとするならば、アチキたちは決してスルーしてはいけない大問題なのです。
その大問題とは、「全人類の生命と健康に関すること」、「暗躍するDSの企み」です。

なお、今回の情報源は『ザウルスの法則』「インフルエンザワクチンにも“酸化グラフェン”が」という記事です。
最後にリンクを貼っておきますので、ぜひ、ご自分で内容を確認してみてください。

酸化グラフェンとは

COVID-19ワクチン(mRNAワクチン)に混入しているといわれている「酸化グラフェン」とは、非常に有毒で健康に毒(害)であるという研究と証拠があがっています。
つまり、酸化グラフェンは人間の身体に健康被害を与える有害なもの、ということです。

 

〈酸化グラフェンとは?(1)〉

グラファイト(石墨)を酸化処理することによって得られるグラフェン。
そのまま溶媒に溶かして基板などに塗布することで、容易にグラフェンのシートを作成することができる

酸化グラフェンとは?

酸化グラフェン(酸化グラフェンナノ粒子) が体内に入ると、スポンジのように酸素を吸収し、心臓、肺、脳、血液などから 酸素を奪います。

1、 血栓 を作る可能性があります。

2,肺に入った場合は、 肺炎 を引き起こす可能性があります。

3、鼻や口から吸い込むと、 味覚や嗅覚が失われる 可能性があります。

酸化グラフェンとは、黒鉛(グラファイト)を酸化させることによって、ナノレベルまで単層化し得られる素材。
(株式会社NSCより)

 

〈酸化グラフェンとは?(3)〉

酸化グラフェンとは、黒鉛を酸化させることにより得られ、厚さはおよそ1nm(ナノメートル)、サイズは1~20mmのシート素材。
(熊本大学より)

酸化グラフェンとは、ずばり「人口物」です。
つまり、酸化グラフェンが体内に入ると、人間の身体に健康被害を与える有害なもの。
また、ナノマシンに使用される素材であるということ。
ナノ単位の極微な(非常に小さい)ものなので、ワクチンに混入させても分かりません。

インフルエンザワクチンにも“酸化グラフェン”が入っていた?!

《危険はCOVID-19ワクチンだけではなかった?》

酸化グラフェンは、非常に有毒であり健康被害をもたらすものですが、その危険がCOVID-19ワクチンだけではない、という情報があります。

mRNAワクチン(COVID-19ワクチン)に酸化グラフェンが入っていることは、いまでは相当知られています。
そうした人の中には、COVID-19ワクチンは打たない、なぜなら危険な酸化グラフェン及び毒であるトゲ(スパイクタンパク)を注入されるから、と思っているでしょう。

ここで「私はCOVID-19ワクチンを接種していないから安心だ」と思っている方が恐怖することを言います。
もし、あなたが昨年、インフルエンザワクチンを接種していて、そのインフルエンザワクチンにも酸化グラフェンが入っていたとするならば、何を思いますか?

『ザウルスの法則』では、このことを取り上げています。

酸化グラフェンという“ナノ物質”が実はインフルエンザワクチン(Vaxigrip Tetra=バクシグリップ・テトラ)でも発見されている、というのです。

これは非常事態です。

《過去製造されたワクチンにも疑惑が?》

過去数年間に製造されたワクチンの成分に関する“疑惑”が持ち上がっているようです。
その疑惑とは、「ビッグファーマ(グローバル製薬会社)が人々を長い間グラフェンに暴露し、ステルス的に接種者を中毒状態にしている」ということです。

こうしたことを信じられない人もいるでしょう。
ですが、万が一これが真実だったとすれば、大変な事態となります。
ですから、こうしたことは白紙の目でもって、確認する必要があります。

『ザウルスの法則』の記事では、酸化グラフェンの光学顕微鏡写真が掲載されています。
科学文献に記載されている酸化グラフェンと検出されたナノ物質の類似性を確認することができます。
類似性を示す証拠は、ナノ物質に見られる「めくれ」です。
(折り目ではありません)

ぜひ、ご覧ください。

 

《COVID-19ワクチンの恐ろしさとは?》

COVID-19ワクチンの危険性を訴える中村篤史氏の主張を読み取ったザウルスの法則では、COVID-19ワクチンの危険性を以下のように指摘しています。

以下引用

「コロナワクチンの本領は即効性の致死毒ではなく、“遅効性の致死毒”という点にある。さまざまな経路からじわじわと人体を破壊するためのものなのだ。何年もかける分、接種者たちの苦しみは長引くことになる」

つまり、さまざまなワクチン接種(酸化グラフェンが入っているワクチン接種)をすることで、じわりじわりと死亡者を出していく、といいう恐ろしい話です。

 

2022冬、インフルエンザが大流行する?

夏ごろでしょうか?
今年の冬、インフルエンザが大流行する、というニュースがテレビ等のメディアで報道されました。

ここで非常に気になるのが、「なぜインフルエンザが大流行すると予測できるのか?」ということです。
そこにはどんな科学的調査と科学的見解があるのでしょうか?

もし、そのニュースが科学的な調査に基づかないもの、科学的見解の裏付けがないものであれば、それは“フェイクニュース”となります。
それが意味することは「世論操作=洗脳」です。

前もって国民に「今年はインフルエンザが大流行しますよ」と印象操作をして、国民にインフルエンザ予防接種を受けさせようとする意図があるのであれば、それは大罪に値します。

 

《インフルエンザ大流行の報道の裏側》

例年であれば、インフルエンザの患者数は約1000万人。
しかし、今年(昨シーズン)のインフルエンザの患者数は、1万4000人。
この数字が正しければ、圧倒的にインフルエンザの感染が激減したことになる。
(ただし、PCR検査にはインフルエンザウイルスも陽性反応を示すので、本当はインフルエンザ感染者が新型コロナ感染者とカウントされたケースが相当数あったと予測できる)

要するに、来シーズンにインフルエンザが大流行する理由とは、昨シーズンにインフルエンザが流行しなかったことで、多くの人に免疫が作られていない。
それはインフルエンザの流行に対して集団免疫が弱いということを意味します。
よって、来シーズンはインフルエンザが大流行するだろう、という予測です。
また、それに拍車をかけるのが、COVID-19ワクチンの製造優先によって、インフルエンザワクチンの材料が不足している=インフルエンザワクチンの供給量が不足する可能性がある、ということです。

確かにそれは考えられることです。
COVID-19ばかりではなく、インフルエンザに注意することは重要です。

ただし、なぜ、インフルエンザの大流行なのか? という疑問もわきます。
なぜなら、COVID-19によるパンデミックにより、既存の病気(ガンなど)の検査や治療の機会が減り、そのための被害(死亡や悪化)が起きているからです。
また、自粛政策などが原因で経済苦、精神の崩壊による自殺者も増加(急増)しているからです。
それらをメディアは取り上げません。
では、なぜ、インフルエンザ大流行のニュースだけは報道するのでしょうか?
そこに意図がないと、誰が思うでしょうか?

 

《インフルエンザ大流行の予測の問題点》

アチキは科学者ではないので、来シーズンにインフルエンザが大流行するなんて言えません。
ですが、重要なことは、この予測の基となっている「昨シーズン=1万4000人」という数字の確実性です。
この数字がもし、間違っていたならば、大流行するという予測判断は間違う可能性が高くなります。
それについては、最終的にインフルエンザシーズンが到来しなければ分からないと言えます。

どちらにしても、COVID-19及びインフルエンザの予防は欠かせない、ということは言えます。
ただし、メディアのこうした「恐怖を煽る報道」は悪いことだと言っておきます。

メディアの手法はいつも同じです。
それは「恐怖心を煽る」「不安をかきたてる」です。
そして最終的に「予測が外れても知らん顔をする」というものです。

メディア(特にテレビ局)とは、安易な商売です。

 

インフルエンザワクチン接種の是非

《インフルエンザワクチン接種の是非》

インフルエンザワクチンに酸化グラフェンが混入しているのならば、インフルエンザ予防接種はしないほうがいいと判断します。
事実、アチキも今年(10月)のインフルエンザワクチン接種を見送りました。

ただし、これは各人の任意による判断なので、「インフルエンザ予防接種をする」と主張する方を何が何でも反対する権利はアチキにはありません。
ただ、COVID-19ワクチンでも同じですが、こうした情報を知ってから判断するべきです。
接種した後から、後悔しても遅いからです。

事実、COVID-19ワクチン(mRNAワクチン)を接種したことを後悔する方が続出しています。
それはCOVID-19ワクチンによる被害報告を意味します。

そうしたCOVID-19ワクチン被害の統計(死亡者)を厚生労働省は10月15日から削除しています。
あり得ません!
隠蔽としか言いようがありません。

アチキが言えることは、「ワクチン接種はマイナス情報も知るべき」「知ってから判断するべき」「最終的に接種するかしないかは本人が決めるべき」「第三者が強制または強要することはできない」ということです。

以上転載

ここまで

その治療効果は絶大で、新型コロナの重傷者は4日で回復しました!! 二酸化塩素には、ワクチン接種後の体内の毒素を中和してしまいます!!" 二酸化塩素水には、血中酸素濃度を短時間で下げる力があります。 さらに血液をサラサラにする効果も絶大です。 血栓を溶かす効果も絶大です。

60歳以上の80%は、無用の長物ですからワクチンで殺してしまいます!! 貴方に付けられたロットナンバーに、全てが隠されています!! ワクチンのグラフェン濃度により貴方の寿命が決まっています!! さしずめ刑の執行年月日ですかね!!

・グラフェンの血中濃度80%で、2年生存!! ・グラフェンの血中濃度70%で、3年生存!! ・グラフェンの血中濃度50%で、5年生存!!

DSの最終目的は、人類をVRの世界に誘導して、脳を支配して人類を自由自在に操ることである!!

 


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« コロナワクチン接種後に心筋... | トップ | 次々と野に放たれる「生物兵... »
最新の画像もっと見る

愛国者」カテゴリの最新記事