akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

『日日是好日』バリアフリー上映会

2020-01-18 | バリアフリー映画、福祉

港区障害児・者団体連合会主催の「みんなで楽しむバリアフリー上映会」、雨の中、二回公演で心配しましたが、たくさんの方にお運び頂き、障害の有無を越えたとてもいい上映会となりました!

障団連の堀信子会長のたっての希望で、理事会で相談の上『日日是好日』の上映が決まり、依頼されたのですが、会長さんは「この映画はいいと思う方、そうでもない方、いらっしゃるかと思いますが、私にとっては、人生を振り返り重ねた、とても思い入れのある作品で、皆様にご覧いただけて嬉しい」と。

「とてもよかった」と多くの方が声をかけてくれたり、アンケートを残して下さり、嬉しく思います。

13:30の回のガイド峯沙織さんも、17:00の回のガイド波多腰絵里さんも作品に馴染んだ語りで、素敵でした。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、バスケットボールコート、靴、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、バスケットボールコート、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:スポーツ、バスケットボールコート
▲夕方の回は、私が司会を務めました
 

さて、また急ですが、24日(金)に、「みんなで楽しもう!映画上映文化祭」が開催され、私が10年前に音声ガイドを収録させていただいたジブリの『猫の恩返し』がバリアフリー上映されます。

そして、これまた急ですが、森田宏之監督とNPOバリアフリー映画研究会の大河内直之先生と、三人でスペシャル鼎談もさせていただくことに。
森田監督とは、『猫の恩返し』で音声ガイド制作、バリアフリー映画祭で上映とシンポジウムにご一緒させて頂いて以来です。

平日の昼間ですが、もし可能な方、新宿区牛込箪笥ホールで入場無料ですので、お越し下さいませ。


コメント   この記事についてブログを書く
« 村治佳織さんと村上信夫さん... | トップ | 23期活弁ワークショップスタート »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

バリアフリー映画、福祉」カテゴリの最新記事