akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

「文豪散歩」名作シリーズ 第1/10集

2018-11-25 | 映画・芸術・エンターテインメント

NACK5時代にお世話になったアナウンサーの先輩が主宰する朗読会へ伺いました。

「文豪散歩」名作シリーズ 第1/10集。
10年かけて10回開催するシリーズの第一回でした。@シネマハウス大塚。

芥川龍之介「杜子春」
宮沢賢治「やまなし」
高村光太郎「智恵子抄」より数篇
壷井栄「二十四の瞳」

昔読んだな~、教科書にあったな~
懐かしいな~、という作品たち。

「二十四の瞳」は、朗読用にコンパクトにまとめられていたものの、やはり映画のシーンが浮かんだりして、心に染みました。

以前は、私もよく好きな文学作品の朗読をしていました。活弁の前に一作品とか。
今月、久しぶりに「源氏物語」を語って新鮮でしたし、いろいろお声かけ頂いていることもあり、また機会あれば時々やりたいなと思っています

自動代替テキストはありません。
 
<form id="u_jsonp_4_1s" class="commentable_item" action="https://www.facebook.com/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-ft="{"tn":"]"}">
 
</form>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« サロンО活弁ライブ『生れては... | トップ | 笠間市地域交流センターとも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画・芸術・エンターテインメント」カテゴリの最新記事