akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

広島「アルマンドリーノ」で旧友とのひととき。

2018-07-30 | Weblog

広島では、ここ数年、毎年、大学の同期がオーナーのお店に立ち寄っています。

袋町のイタリアン、アルマンドリーノ

 

今年は多忙な社長が東京出張から帰って広島にいるというので、一緒に夕食を楽しみました。

小学校の時に「夏休み活弁ワークショップ」に参加してくれた二人の娘さんも、長女は二十歳に、次女も高校2年生になって、私より10センチ以上も背の高い女性になっております。

海外の大学、留学とインターナショナルで、さすが相馬くん(旧姓。現在は中山)の娘さん。

大学では文化人類学専攻で大学院まで行った彼は、世界情勢や社会、文化のとらえ方、広島の被爆の意味なども多角的に考察していて、話が尽きず。

ワインも食事も、どれも美味で、ちょっと頂きすぎました。

 

▼閉店後だからとマネージャーさんも一緒に撮った写真、かなりファンキーです…社長。

イタリアン「アルマンドリーノ」。広島の方、広島へ行かれる方におススメします。

NHK広島放送局のすぐそばです。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 広島活弁シアター2018と広島... | トップ | 国立フィルムアーカイブ「こ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事