akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

「斎藤寅次郎物語と活弁懐石の夕べ」さらに和やかに追加開催

2020-08-23 | 活弁
昨日は、成城一宮庵さんでの「斎藤寅次郎物語と活弁懐石の夕べ」を追加開催させていただき、またもとても和やかで素敵な時間を過ごさせて頂きました。
 
8日のトークは寅次郎監督の息子さん厚生さんと私という形でしたが、今回は、お食事後、厚生さん、寅次郎監督のお孫さんの隆史さん、そのお嫁さんで一宮庵女将の文恵さんにも加わっていただき、参加者全員に感想や質問をいただきました。
 
たくさんの楽しく心温まるお話を伺うことができました。
奇想天外なアイディアで人を笑わせながら、人を大事にし、人に愛された寅次郎監督。ご家族もその魂みたいなものを受け継いでいらして、とても朗らかです。
 
何よりの財産は「人」。と仰るご家族と、ご参加くださった皆様の笑顔が本当にうれしいひと時でした。
 
お忙しい中、松竹のプロデューサーさんもいらして下さり、また8日昨日と両方いらして下さった方もいて、感謝に堪えません。
 
また次のミッションをいただきましたので、皆様に喜んでいただくべく、次の企画に精進いたします!
 
 
 
 
 
 
 
▲壁にかけてある写真 渥美清さん、山田洋次監督、斎藤寅次郎監督
 
先日も山田洋次監督が来られ、斎藤寅次郎監督への敬意を表していかれたそうです。
 
今年は松竹蒲田百周年。
 
斎藤寅次郎監督、水島あやめ脚本の『明け行く空』(昭和4年)を、
9月18日(金)15:00から、蒲田映画祭で上演します。
大田区アプリコホール。
書下ろし「水島あやめ物語」も上演。
水島あやめ研究家の因幡純雄の解説もございます。
 
◆9月18日(金)第8回蒲田映画祭オープニングイベント
 「水島あやめ~蒲田を愛した女性初の映画脚本家~」

【時間】15:00 開場
    15:30 水島あやめ紹介映像  佐々木亜希子
    15:45 活弁『明け行く空』(監督:斎藤寅次郎、脚本:水島あやめ)
 弁士:佐々木亜希子 楽士:永田雅代
    16:50 解説 因幡純雄(水島あやめ研究家)

【会場】大田区民ホール・アプリコ(定員80名)
【料金】1000円
【申し込み】大田観光協会・蒲田映画祭事務局 
   FAX 03-3734-0203  E-mail cinepara@o-2.jp
(9月8日まで。多数の場合抽選)

【お問合せ】大田観光協会・蒲田映画祭事務局
   TEL 03-3734-0202  E-mail cinepara@o-2.jp
 
 
 
 
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 『カツベンっておもしろい!... | トップ | 9月4日(金)5日(土)横浜で野外... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

活弁」カテゴリの最新記事