akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

『瀧の白糸』に涙

2019-10-24 | 活弁

活弁シネマートライブ『瀧の白糸』、ありがとうございました

22日の初日に立ち上がれないくらい号泣していた初めてのお客様が、今日またご友人を連れて来場、また号泣していらっしゃいました…。嬉しい

永田さんの音楽も情緒たっぷりで
現在はあまりない新派悲劇に多くの方が涙を拭っていらしたようでした。

溝口健二監督の名作をこうして語れること、
皆様と一緒にその世界に浸れること、お声をおかけ頂けることも、とても幸せなことだと思っています。

11月は22日と27日、ルネ·クレール監督の傑作『イタリアの麦わら帽子』です。
こちらは艶笑喜劇。

弁士の台本が活きる作品です。
ぜひ笑いにいらして下さいませ😉

コメント   この記事についてブログを書く
« 活弁ワークショップ今期最終回 | トップ | 韓国映画祭でイ・ジャンホ監... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

活弁」カテゴリの最新記事