akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

鳥海小学校全校児童160人の感想が届きました✨

2020-11-06 | 活弁
10月16日の鳥海小学校講演、全校児童160人の感想が届きました。
亜希子先輩、もう感激で涙なしでは読めません😭
 
これまで20年間の学校公演の感想はすべて大事にとってありますが、また私の宝物が増えました✨✨
 
 
「たくさんわらいました。みんなわらうかおで見ていました。またきてください。まっています」(1年生)
「こんなにわらっていられたのは初めてです。今のコロナの自しゅくの中、あまりげんきがもらえなかったから、今日の
無声映画を見ていて、いっぱいげんきをもらえました」(4年生)
「わたしはまだゆめが決まっていませんでした。ですが、自分の道を進んで行こうと思えました。
映画館に行っても音がこわくてなかなか入れませんでしたが、今日は楽しく映画を見れてよかったです」(4年生)
 
私のほうが、いっぱい元気を頂きました。
 
でも、思った以上に、「活弁」に興味を持ってくれ、「やってみたい」と思った子が多かったんです。
校長先生曰く、「いろんな声の出し方を教えてほしい」という声が多かったそうで
「今度は子どもたちにワークショップもぜひ」と仰っていただきました。
農村地域の子どもたちはどちらかというと、素直でおとなしめの子が多いのですが、表現力アップに一役買うことができたらいいなと
また希望が膨らんでおります。
 
そういえば、今日は本当は北区の小学校で活弁公演のはずだったのですが、コロナでキャンセルになってしまったのでした。
残念ですが
また学校で子どもたちにも観てもらいたいと思います
 
▼3年生
 
 
▼2年生
 
2枚書いてくれた2年生。刺激を受けてお話を作ってみたなんて、嬉しいわ~
 
▼4年生
 
▼5年生
 
▼6年生
 
 
▼1年生

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茅ヶ崎館『浮草物語』活弁上... | トップ | 11月28日(土)29日(日)広... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

活弁」カテゴリの最新記事