akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

第24期活弁ワークショップ(2020年9月~2021年1月)開催!

2020-09-15 | 活弁

★第24期活弁ワークショップ(2020年9月~2021年1月)開催!

今期は、以下の4作品の中から一人一作品の短編を選び、台本作りから語りまで取り組んで頂きます。

①『チビッコギャング・モンキービジネス』 Monkey Business 
1926年 米パテー社作品 11分  製作/ハル・ローチ 
出演/ジョウ・コップ、ジャッキー・コウドン、ファリナ
チビッコギャングたちがおさるを味方に巻き起こす珍騒動。

②『無理やりロードレース』
1924年 アメリカ 11分 
監督 デル・ロード  出演ビリー・ビーバン
250マイル(400キロ)ロードレースに出場する二人のライバル、ガレージ「ブラックキャット」のバード対「レッド・ドッグ」のベン。
賞金25000ドルとヒロインをかけて、どちらが勝つか!?ドタバタコメディ。

③アニメ『のらくろ伍長』
1934年(昭和9年) 横浜シネマ商会作品 11分
原作/田河水泡 漫画・演出/村田安司
ちょっぴり出世したのらくろ伍長が、機密書類を盗んだ山猿聯隊のスパイを大追跡!?

④『弥次喜多 岡崎の猫騒動』 
1937年 大都映画 14分
監督/吉村操  出演/大岡怪童、山吹徳二郎
おなじみの弥次郎兵衛と喜多八が、東海道の宿場岡崎でドタバタ猫騒動。当時のローレル&ハーディ人気にあやかったデブとヤセの珍コンビ喜劇は、大都映画の名物だった。



第24期活弁ワークショップは、9月27日(日)より5か月、基本的に第4日曜日に開催予定です。
(9月27日、10月25日、11月22日、12月27日、1月24日)

密にならないよう、また2月以降に開催する活弁W公演のことも考え、
一作品2~3人にし、10月以降のワークショップは、時間をずらして少人数制にいたします。
(基本的に第4日曜日、班によって別日もあり)
一人で一作品ではなく、複数人で組んで取り組みたい方はそれでもかまいません。


遠方の方、またはコロナ感染対策で、リモート参加ご希望の方も可能です。

マンツーマンのリモートワークショップは、ご都合に合わせますが、一回1時間半とさせて頂きます。

初回は、
①9月26日(土)10:00~12:00 高田馬場ダイカンプラザ1028号室
②9月27日(日)14:00~16:00、高田馬場ダイカンプラザ1階会議室

③上記二日間が難しい方、リモート参加希望者は別途

すべての作品をご覧いただいて(一応私の活弁で)、チョイスして頂き、作品の班ごとに10月以降のスケジュールを決めます。

※24期終了後、希望者は活弁Wフェスティバルにご出演頂きます。

【会場】高田馬場ダイカンプラザ(新宿区高田馬場1-31-8)

【参加費】15000円(一期分/資料代込み)

【申込み・お問合せ】活弁ワークショップ「活弁人声会」
TEL 03-6233-7150 
mail; info@mokuren.gr.jp

【協力】㈱ワイ・プランニング/マツダ映画社


コメント   この記事についてブログを書く
« 八潮市バリアフリー上映『お... | トップ | 活弁と朗読で楽しむ『不如帰... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

活弁」カテゴリの最新記事