akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

『轢き逃げ 最高の最悪な日』ライブ音声ガイド

2020-02-08 | 活弁




バリアフリー映画祭2020@大津プリンスホテル、水谷豊監督作品『轢き逃げ 最高の最悪な日』(2019年)をライブ音声ガイドで語らせて頂き、超満員の中、ご覧頂くことができました。

水谷監督のアフタートークもあり、ライブ音声ガイドを「時々目を閉じて聞いていましたが、すごくいい話を語ってもらっている感じで素晴らしかった」ととても喜んで下さり感激でした🌸
「嫉妬」をテーマにしたというサスペンスタッチのヒューマンドラマ。
ガイド作らせて頂き、非常に面白かったです。

オフィシャル写真撮影では、水谷監督が遠慮する私(こんな時はシャイ)の隣にいらして私の著書を手に撮影下さり、また感激✨
気さくにお話頂きました。

昨日の夜はバリアフリー演劇『ヘレン・ケラー』を鑑賞し、シンポジウムを拝聴。



今日は映画『閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー』を鑑賞して、平山秀幸監督のトークを拝聴。

アールブリュット展も鑑賞しました。

今回は、手話通訳、UDトークによる情報保障も充実。いろいろ学ばせて頂いた濃厚な二日間でした🌸感謝✨


コメント   この記事についてブログを書く
« 2月7日『轢き逃げ 最高の最... | トップ | 2月12日放送!YBC『ピヨ卵ワ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

活弁」カテゴリの最新記事