akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

『イントレランス』感想 アンケートより

2019-02-01 | 活弁

『イントレランス』の感想、頂きました。

 

「見応えのある作品でした!」50代男性

「感動で震えがとまりません。壮大な絵巻が活弁士の佐々木亜希子さんの絶妙な語りと、楽士の永田雅代さんの素晴らしい演奏によって、銀幕の中の役者に魂が吹き込まれていきました!また来ます」40代男性

想像以上のインパクトがありました。 何役でしたか?声の幅があり、楽しめました。最高!!ピアノの生演奏も一体感があり、引き込まれました。紹介した視覚障害者の方にも好評でした。次回も楽しみにしています」50代女性

「亜希子さんと雅代さんと映画自体、いつも思いますが、非常に息があって臨場感が倍加します。映画の中味では今の時代も形を変えてイントレランスな時代なのか…つくづく感じさせるできごとが多いように思います」60代男性

「素晴らしかったです。とても楽しめました」50代女性、60代女性

「長い作品だったが、とても良かった」40代男性

「音楽が違和感なく映像に溶け込んでいて驚いた。活弁も(特に途中のツッコミとか)とても楽しかった。『イントレランス』最高だったので、もう一度やってほしいです!」 40代男性

「一応映画ファンとしてレーザーディスク版を持っていますが、活弁と生演奏で観る楽しさは格別!遠路来た甲斐がありました」50代女性

「面白かった!グリフィスは、莫大なお金をかけて、やりたいことをめいいっぱい詰め込んだなあ。活弁も生演奏も、わかりやすかったし、刺激的だった。来てよかった!」40代男性

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『イントレランス』2日目。さ... | トップ | 舞台『ハムレット』出演情報 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

活弁」カテゴリの最新記事