akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

11/23(祝)活弁Wフェスティバル2020

2020-10-26 | 活弁
 
活弁Wフェスティバル2020、11月23日(祝)に開催いたします。
 
23期活弁ワークショップの皆さんと一緒に3本の作品を披露。
 
コロナ禍の中でみんなで作り上げた『キートンの船出』と『波浮の港』の声色掛け合い説明、きっとお楽しみいただけると思います。
 
私は、今年弁士20周年なのですが、東京キネマ倶楽部にデビューした際のオーディションで語ったのが『切られお富』のワンシーンでした。
 
20周年の記念に、初めて『切られお富』を全編語ります。
私自身も楽しみです。
 
皆様のお越しをお待ちしております。
 
 
◆11月23日(祝)活弁Wフェスティバル2020
 
①『キートンの船出』
<声色掛け合い>弁士 成瀬わさび、櫻井美樹、宮木宏之(藤田みほ)
 
②『波浮の港』
<声色掛け合い>弁士 砂川和子、古賀義明、山城美奈、坂口晶子、濱田晃成
 
③『切られお富』
  弁士 佐々木亜希子
 
【時間】15:15開場 15:30開演 17:00終了予定
【会場】新宿区立落合第一地域センター 4階ホール
【料金】1500円
【予約】活弁人声会 info@mokuren.gr.jp
     03-6233-7150
 
 
※当日は検温、アルコール消毒、ご連絡先記入をお願いいたします。
※換気のため、窓を開けた状態での上映となります。
※マスク着用でご覧ください。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加