木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

庭の花 (No 1817)

2018-07-10 08:00:00 | 我が庭の花

 先日は食事会の帰路、大型ホームセンターに立ち寄って、捜し物をしていたら、急にめまいがしてきたので、買い物もせずに車に戻り、しばし休息の上、帰ってきた。また、先日は就寝中、午前0時頃から、持病が痛み出したので、痛み止めを飲んだが、中々効果現れず、ひたすら痛みに耐えて居た。

 最近はこんなこともしばしば起きて、 それに世の中思い通りには進まない事を痛感するなども加わって、 やる気を焼失し、当ブログを書く事すら怠っていたが、友から「ブログが止っている」との刺激を受けて、”書かねばいかんなあ”と思っていた所に、娘が来てくれて、おしゃべりをしている間に、書こうと思うようになった。

 先ずは、前に庭の花を撮っていたので、それを書いて置きたいと考えたのであった。 (2018.06.30前後の撮影)

 

 「時計草・ピッコロッソ」 "新種"登録 第1692種

 花の構造は「トケイソウ」そのものであるが、花の直系が50mmあるか無いかの小さいものである。 形状は同じであるが、花が小さいことと、我が家では始めて咲いたことで、かなり大目に見て”新種”とすることにした。

 下はその蕾。

 通常の「トケイソウ」が、直径100mm以上有るのに対し、この花はその半分も無いくらいである。 花は一日花であり、すぐに萎む。

  

「グラジオラス」

 

「アジサイ」

 何年か前、娘の母の日プレゼントであるが、今年も美しく咲いた。

 

「キリンギク」

 昨年の秋、苗に「リヤトリス」と書いてあったので、見たことあるがと思いつつも購入して植えていたが、調べるまでもなく、「キリンギク」として、既に登録は済んでいた。

 

「ルリタマアザミ」

 

「クフェア」

 

「ユウガオ」 ?

 種が大きいので、「ヨルガオ」と思って種を撒いたが、花の根元は細長く似ているが、花は質素であり夕方開花するので、「ユウガオ」らしいが、普通の「ユウガオ」とは少し違うように思う。

 

「シモツケ」

 「シモツケソウ」ではなく「シモツケ」であり、木本。

 

「トマト」

 友が鉢に植えたものを持ってきてくれたものが、早くも実が成った。 この「トマト」は蔓の如く伸びると言い、脇目を2本に限定して、育てている。 近い将来枝が伸びて、蔓状に成り、その行く先を見据えられる場所に鉢を固定した。 

 これらの作業は全て、友が来てやってくれたのであった。 はてさて、この先どうなるのか期待は膨らむばかりである。

 

  外に取材に出ていないので、当面は「庭の花」ばかりが続くかも知れない。

                            以上

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 庭の花 (No 1816) | トップ | 庭の花を詳細に撮る (No 18... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

我が庭の花」カテゴリの最新記事