木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

暑さで庭の景色が変る (No 2305)

2020-10-01 08:00:00 | 我が庭の花

 今年の夏は特別に暑いように感じたが、そのせいか庭の草木がいくらかが枯れたり、大きく弱ったりの変貌を遂げた。鉢植えは夕方水やりをしていたので、特別の変化はなかったが、地植えにその被害が大きく出た。

 年中と言っても過言ではないと思うが、春夏秋冬の無い持期が少ない「アニソドンテア」は、庭に二本あり、樹高2m位に育っていたが、見事に枯れた。南アフリカが故郷と聞いていたが、熱帯地ではなかったようだ。 毎日のように花をみせてくれたたが、もう無いと思うと残念でならない。

 在りし日の「アニソドンテア」

 

 

 庭のあちこちに増えた「リュウノヒゲ」も、この夏でその一部が消えてしまった。

 

 そして、狭い団地の庭ながら、庭の主として、当地に入植直後以来になる、我が家では老木に値する「カヤ」が、瀕死の状態なのだ。葉の半分ほどは枯れて落ちたし、残った葉もよく見ると、元気がないことが判明した。

 

2Fの窓から上部を見ると、枯れた部分がよくわかる。

 

 お恥ずかしい話であるが、実はこの「カヤ」であるが、実は我が花写真鑑に未登録であり、尚且つ名前もここでは「カヤ」としているが、現時点では確定していないのだ。 枯れて仕舞わないうちに、我が花写真鑑に未登録の花"新種"に登録するのが、義務とかんじているところである。

 

                             以上

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”.”(コンマ)に振り回される ... | トップ | 庭の主が"新種"に! (No 23... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

我が庭の花」カテゴリの最新記事