木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

春の庭は花盛り (No 1762 庭花3010)

2018-04-21 08:00:00 | 我が庭の花

 四月も半ばを過ぎ、漸く暖かくなり、春が本格的に我が家の庭にもやってきて、あちこちで咲き始めたので、花の命は極めて短いから、これからは撮り損なわないよう注意が必要になってきた。 (2018.04.19 撮影)

                記 

 今月の墓参にあたり、供える花を買おうと、農協がやってる「四季采」に立ち寄ったところ、花があったので、例により隅々まで見たところ、この一点だけが、目に付いたので、取り敢えず二株購入した(¥150×2)

 それらを眺めて見ると、今回購入した花は、これら6種とは「異なる花」とし(基準などなく)、花写真鑑にまだ無い花=”新種”と、”園芸品種”間違いないが、破格の待遇としたのであった!。(ちょっといい加減???。) 

 

「サルビア・スペルバ」  ”新種”登録 第1631号

  一部を失敬して、マクロで撮ってみる。

 

 後は、庭の花達であるが、咲いたものから、紹介してゆく。

「ミヤコワスレ」

 

「エビネ」

 

「ツボサンゴ」 

 観葉植物ながら、与えた肥料の効果抜群で、今年は良く咲いた。

 

「オオアマナ」

 

「カナダオダマキ」

 

 「ムスカリ」

 「花写真鑑」の充実のために、花の寸法が読めるようにすべく、1mm方眼紙の上に載せて撮った。

  元の姿を出しておかないと、解らないとの指摘があり、前に掲示した写真を再掲載したもの。

 花の寸法を判読できるようにすると同時に、内部構造の一部が見えるようにしたもの。

 

「カリブラコア」

 娘の母の日プレゼントであるが、今年も咲いた。

 

                          以上。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 羽津丑寅会の食事会 (No 17... | トップ | 庭にも花がぞくぞくと (No ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

我が庭の花」カテゴリの最新記事