木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1556 音痴の音楽歴(4)音楽の有難さ

2017-01-31 08:00:00 | その他

 今から一年近く前に、友達から「悲しみは星影と共に」という昔の映画のテーマ曲を探してくれと頼まれた。 当時は情けないがその検索方法が分からず、単にYahoo検索で探したが見つからない。 止む無くCDなどを売っている店3軒に行きレンタルも含めて探したが見付けることは出来なかった。

  この映画は1965年のイタリア映画で、ナチスによるユダヤ人迫害のストーリーで、目の不自由な小さな弟を目の治療にと嘘を言って、姉が連れ出す(収容所に貨物車で送られる)という大変悲しい物語の主題歌であった。 映画の検索は簡単にできたが、音楽のダウンロード方法にその時点では全く無知であり、彼に断ったのであった。

 それから数ヶ月、家内のカラオケ練習用にと懸命に音楽のダウンロード方法を模索した結果、曲がりなりにも音楽のダウンロードが出来るようになった。 それで、「悲しみは星影と共に」を検索したら簡単にダウンロードできることが判明し、彼に早速伝えたのであった。

  丁度このころは、ブログの“取材“としての行きたいと思う先が無くなってきたのと、老齢化が進み体調も思わしくなく、内に籠もることが多くなってきたのであるが、何かをしなければと思い始めたのが、音楽の検索、ダウンロードであり、暫くはこれに没頭したのであった。

  また、老齢化で手術を予定していたので、病院での時間つぶしにと最初はパソコンがあればいいわ!、と思って居たところ、キーボードが故障し修理は内部のボードの取り替えを要し、高価になると聞いたので、修理を止め、ノートパソコンはキーボードの購入で使えるが、病院に持ち込むのは荷物が多くなり苦しいと感じた。

  そこで、入院中は音楽で持て余す時間つぶしにと考えたのであるが、この考えはかなり甘かった。 老化してはいるが健康な体への手術だから、暇を持て余すだろうと考えていたがこれが大間違い、結果は過去最大の痛みで、パソコンやるどころではなく、ひたすら痛みに耐えるだけの毎日であった。

   痛い下半身、横向きしか寝られない、襲ってくる激しい痛みと続く出血で、最初の夜は一睡もすること無く、暗闇の中ひたすら痛みに耐え、ただ聞こえてくる好きな軽音楽に耳を仮すことで痛みを懸命に忘れようとしたのであった。 もしあの時、音楽がなかったら、医者や看護師に噛みついていたかも知れない。

 音楽ってこんなにもありがたく、また、癒やされるものかと思ったのはこれが最初で最後かもしれないと、いまでもしみじみと感じるのである。 この過去最大の難儀を受けている時に、僅かな光明を見いだした音楽に心から感謝したので、これが今回開き始めた最大の動機なのである。

                            << つづく >>

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 1555 音痴の音楽歴(3)家内... | トップ | 1557 音痴の音楽歴(5)音楽... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
youtube (shuttle)
2017-01-31 09:16:29
木燃人さん

早速「悲しみは星影と共に」をyoutubeで検索し聞きました。今では、色々な曲が「ユーチューブ」で聴けますので私などパソコンの前にいる時間では、このサイトを使っている時間が最も長いです。「悲しみは星影と共に」も、お写真の「サントラゴールデンシリーズ」のものとギターでの演奏と両方聞きましたが、ともに物悲しい響きがありました。ナチスドイツの人種差別が、今や、アメリカの人種差別、宗教差別になって来ました。歴史は繰り返しますね。
音楽の効用 (たきあん)
2017-01-31 14:48:55
早速検索して「悲しみは星影と共に」を聴きました。なんともの悲しい曲ではありませんか。「鉄道員」を思い出しました。今の私の心境を慰めてくれます。映画のサウンドトラック版ですね。
ホントに音楽の効用は絶大です。それを利用しない手はありません。カラオケにしろ何かと努力されている姿勢はズンズン伝わって来ます。
私もYouTubeから検索して音楽をダウンロード・保管していますが最近は殆ど聴いていません。しかし復活しなければと刺激を受けました。

>入院中は音楽で持て余す時間つぶし・・
わはは。甘かったですね。私も手術の経験がありますからよく分かります。未だに痛いです。
悲しみは星影とともに (木燃人)
2017-01-31 15:22:15
shuttleさん

 私もサントラ盤とギター演奏の二曲を今も繰り返し聞いてますが、何とももの悲しい曲だと、友とも言い合ってます。 映画も見たくて懸命に探しましたが、未だに見付ける事は出来ていません。
歴史は繰り返すといいますが、こんな悲しい歴史は絶対に繰り返して欲しくはないです。
鉄道員 (木燃人)
2017-01-31 15:39:35
たきあんさん

 「鉄道員」は家内と付き合ってる時代に、映画を見に行き、このサントラ盤の音楽とともに、常に気がかりな曲です。 末っ子の努力でやっと家族が和解したのに・・・と、映画「シエーン」などとともに、ハッピーエンドにならないところがみそであり、もの悲しい音楽も昔から私のレパートリーに入っています。
 前回の胸部大動脈の手術も大変に苦しかったですが、今回のはその痛さはもっと厳しく、我慢ならないものでした、ここに音楽があったことで、救われた部分は極めて大きく、このことを起点に音楽への陶酔が始まったといっても過言ではないです。
 おっしゃるとおり、「音楽の効用は絶大」でした。 この後にも出てきますが、少々大げさですが、今は音楽なしでは生きられない状態に、どっぷりと浸かっており、その時間は幸せを実感しています。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事