木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

大仏さまに再会 (No 1753)

2018-04-12 08:00:00 | 奈良の寺社

 誰しもそうであるように、ここ「大仏さん」には幼少時代から再々きているのに、何故か見飽きることはなく、もう一度、最後になるかもしれないからと、訪れたのであった。

 さすがは奈良、今日(2018.04.03)は火曜日であるにも関わらず、多くの人が来ており、特に外国人らしき姿がかなり多いように感じた。 

  

 「南大門」

 外国人が多くなるに従い、鹿との戯れが度を超えて、”ひんしゅく”をかってるとの報道があったが、これだけ外国人が多いと、あるかも知れないと思った。 鹿をじらさないで、すんなり”鹿せんべい”を与えればよいものを・・・!。

 

「中門」

 入場は左手から入る。 

 

 回廊から見た「大仏殿」 

こうやって見ると、ただの桜でなくなることが、すばらしい!。

 

 「大仏」

 

 「虚空蔵」

 

「如意輪観音」

 

 ここは奈良市の中心部、時刻はまだ15時になっていない、見ようと思えば少し歩けばいくらでも見るところはあるが、 初めてではないし、何よりも足腰が言うことを聞かない、早く帰ろうとそればかり、止む無く帰還することにした。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 大安寺にお礼参り (No 1752) | トップ | 偶然が重なった”新種” (No ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大仏殿 (shuttle)
2018-04-13 17:28:30
木燃人さん

ならと言えば「法隆寺」や「薬師寺」、「東大寺」が欠かせませんね。中でも東大寺は、「大仏殿」が素晴らしいです。大仏様を拝んだことは、何回くらいかしらん。その度に初めて拝んだような不思議な気持ちになります。お顔が良いですねえ。
奈良の大仏さん (木燃人)
2018-04-13 18:01:14
shuttleさん

私が拝んだ数では到底及びませんが、何度お顔を拝見してもいいものです。 そのくらい親しく感じる仏様は他にはないと思います。
この先は、そう何度も拝めませんが、しっかり心に留め置けば何かの難儀にぶつかったときに思い出せば、心が安まるかも知れないと感じて居ます。

コメントを投稿

奈良の寺社」カテゴリの最新記事