木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1700 思いがけない”新種”

2017-12-30 08:00:00 | 我が庭の花

 畑をやってる友二人には、今年も沢山の季節の野菜を戴いてきた。 ジャガイモやカボチャ、トウガラシ、ナス、キュウリ、サトイモ、ニンジン、サツマイモ、ダイコン、そしてとどめは、カラミダイコンなどなど、我が家の貧しい食卓が、お陰で大賑わいになったのであった。

 このように一年間貰いっぱなしであったので、感謝の意味で2017.12.27(水)昼飯を共にしたのであったが、それらに関連して、思わぬ”新種(私の「花写真鑑」に未登録の植物=以下同)”が登録できたので一括して紹介するもの。 

 

 「カラミダイコン(辛味大根)」  “新種”登録 第1604号

 この”辛い辛いダイコン”に付いては、2017.12.15付けの当ブログで詳細を書いたが、食べ急いだ結果、写真を撮ることを忘れて、”新種”登録を逸していたが、再び持ってきてくれたので、今度は食べる前にきっちり写真を撮り、”新種”登録にこぎ着けたのであった。

 

 

 「コーラルビー」or「カブカンラン(蕪甘藍)」  “新種”登録 第1605号

 そしてもう一人の友は、人間もユニークであるからか、変わった野菜をもってきてくれたのであった。 この野菜はかなり前に、何処かの道の駅のようなところで出会った記憶があるが、 もしかすると、”新種”を集める私の為もあってか、畑に植えて置き、実ったので持ってきてくれたようである。

  上の写真まるまると太った部分は、根の部分ではなく、茎が太くなったもののようだ。 根はこの下にある。(下の写真参照) 余りにも珍しく、毎日眺めているが、ぼちぼち食べてみたくなったが、ここにその感想を書くには至らなかった。 

 

 

 「ヒャクリョウ(百両)」  “新種”登録 第1606号

 食事を終えて、その帰路に農協などがやる「四季采」に立ち寄ったら、「ヒャクリョウ」があったので、購入した。 「マンリョウ」「センリョウ」が既に登録済であり、これがあることは、承知していたが、巡り会わなかったのである。

 店の陳列を見て友が「百両」とかいてあるから、100円だぞ!、というので、レジに行き、「百両と書いて合ったから、100円だね」と言ったら、澄ました顔で「今のレートで、百両は580円です」と言うから、にっこり笑って¥580支払った。

 このことを帰りの車の中で言ったら、大笑いになった。 何とユーモアーの上手なレジ担当のお姉さんであったと、腹を抱えて久々の大笑いであった。

 

「ア ロ エ 」  “新種”登録 第1607号

 この「アロエ」は、上記「辛味大根」を作った友が、近所で咲いているが、「花写真鑑」に載ってないから、見に来ないかの連絡を受けていた。 2017.12.28(木)四日市に用が出来たので、急遽電話をして、友に案内を頼んだのであった。

 よく知られているが、「アロエ」はやけどの薬であり、食べられるとあって、昔はどこの家にも植えられていたが、花が咲くのは、特殊な条件があるようで、我が家でも長年植えていたが、花を見ることはなかった。

 本来なら、花をひとつ失敬して、ナイフで切り裂き、花の内部の写真をマクロレンズで撮るところなれど、ここは知らないお宅の庭に咲いているので、それは出来ず、最短距離に寄って撮るのみであった。

 

 以上4点は、友の協力があってこそ、達成出来た”新種”なのである。 私には何とも嬉しい事であり、良い友を持ったと感謝の上に感謝感謝感謝をしたのであった。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 1699 1600種の大台超え(庭の... | トップ | 1701 年末のごあいさつ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
辛子大根 (たきあん)
2017-12-30 10:51:10
本当に友の援助には頭が下がりますね。木燃人さんならばこそだと毎回感じています。
友から頂いた野菜類の中に新種があるとは予想外でした。
辛子大根が花類とは想像できませんでした。常に新種について四方八方にアンテナを張っておられるのが理解できます。

「今のレートで、百両は580円」とは忙しいレジの仕事の中見事な対応でしたね(笑。
植物図鑑 (木燃人)
2017-12-30 11:53:43
たきあんさん

既に何度か指摘をうけていることですが、花写真鑑に「ダイコン」を載せるのは、如何なものかと、悩みつつそのままにしています。
その始まりは。、観葉植物を入れたことからです。 実や種、果実に拡大し、更に大根になったのです。 分けるべきか、名前をかえるべきか、迷いつつも放置しています。 いずれは、何とかしないと、大きくお叱りを受けないとも限りませんからね!。
二人の友の協力あってこそ、1600種類を越える植物があつまったので、絶対、そちらに足を向けては寝られません。 花の写真を数多く集めることが、私の今の生甲斐とも言える状態であるから、本当にありがたい事だと、思っています。
あの四季采には、人の心を温めてくれる、人がいると、楽しく感じる瞬間でした。 こんなひとばかりなら、世の中はもっと明るくなるでしょうねー!。
野菜も花を咲かせます (shuttle)
2017-12-30 21:30:02
木燃人さん

野菜も花を咲かせます。ブログに取り上げられて、野菜も喜んでいるでしょう。今年も後僅か。色々楽しいブログを有り難うございました。来年も宜しくお願いいたします。
拡大解釈 (木燃人)
2017-12-31 08:36:06
shuttleさん

そうです!、野菜も育てれば、花が咲きますから、取り敢えず根の部分を載せますが、いずれ花が手には入ったら掲載しますので、暫定的な処置ですと言ってるつもりなんですがねー!。

本当にお粗末なブログばかりですが、今年もお世話になりました。 どうぞ、来年もよろしくお願いいたします。 

コメントを投稿

我が庭の花」カテゴリの最新記事