木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

SQLで暗中模索 -1 (No 2149)

2019-12-20 08:00:00 | パソコン

 私が作る「花写真鑑」に集録する花の種類が2000に近づき、花にはいくつかの名前があるから、扱う花の名前の数は4000個に近づきつつあるが、これだけの数あると、ちょっと調べ物をするにも、大変な手間を必要とする。

 一方、友の紹介で、神奈川縣在住の Iwabuti さんとおっしゃる方のホームページ(以下HPと略す)「あの頂を越えて」や、QponさんのHPなどを見ると、検索などをHPの中で簡単に出来ることがわかり、何とか、私もやって見たいと思った。

 

1. Java Script  

 従来プログラミングと言えば、HTMLで、表示するのみであったが、例えば「検索」ひとつを撮ってもHTMLではやることが出来ないのである。 そこで最初に考えたのは、Java Script であり、本を買ってやってみたが、大変に難しい。

 上で書いた、Qponさんは、この Java Script でやっておられるので、まず最初にやってみようとしたが、良く分からないままに、諦めざるを得なくなってしまった。 やはり、必要な部分だけを真似しようとしても、どうにもならないようだ。

 

 私の頭がぼけてしまったからなのか、いくら読んでも実行できず、暗礁に乗り上げてしまった。 しっかりと、基礎が解らないままで、突然、Java Script をと言っても、"取り付く島も無い"状態から脱するのは不可能なのかも知れない。

 

 

2. 目標

 そこで、私がやりたいことは一体何なんだ、ただ、漠然と「検索」や「並べ替え」などを行いたいと思っているが、これを具体的に整理し、書いて見ようと考えた。 そうすれば、やり方も見えてくるかも知れないと考えたのである。 

 ① データー a. 花写真鑑  花の集録数  2000
                       b. 花の名前集 名前の集録数 4000

 ② やりたいこと(最小限)
        a-0. 花名の部分検索・・・・・付属データの抽出
        a-1. 検索結果の再検索・・・・付属データ込み
        a-2. 検索結果の並べ替え・・・付属データ込み
        a-3. 検索結果の数の抽出

        b.    花名以外の列の部分検索・付属データの抽出
           同上の処理

        c.    ①のデータ a とb を、部分結合して、一つのデータにする。 

  

3. やる範囲

 ウエブ上で公開し、誰でも上記の作業が出来るようにする。

 これは、自分自身のために必要があって作るが、公開することが、原則であるとするもの。 自分のパソコン内で出来るだけなら、こんな苦労をしなくとも、Excelを使えば、現状でも殆ど出来るから、苦労する意味がないのである。

 

 上記 2の目標は追加が出る可能性は排除できないが、現状でやりたい、最小限のこととして考えて行く、よって、当然、追加があるものと思われる。  また、このテーマについては、続けて書いて行こうと思うが、今回はこれで一旦閉める。

 

                                つづく                         

コメント   この記事についてブログを書く
« ティーボックス(日永)(No ... | トップ | 湾岸長島SAで獅子会 (No 21... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

パソコン」カテゴリの最新記事