木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

内藤記念くすり博物館 (No 1990)

2019-04-21 08:00:00 | 資料館

 友が私の「花写真鑑」に未登録の花(以下"新種"と略す)の植えられて居る確率が高い所として、以前から推奨していたもので、何とか行くチャンスを狙っていたが、もう一人の友の計らいにてこれが実現することになったものである。

 私の「花写真鑑」は既に、1748種類に達し、花の種類の多い例えばなばなの里でも、その"新種"は見付ける事は、極めて希にってきた。また、東山植物園でさえも似た状態になり、更に対象を広げて、観葉植物、高山植物、雑草、山野草、野菜にまで及んできた。

 その上で、今回は薬草にまで、その範囲を広げようとして、毎月実施している、高校時代の仲良し四人での食事会と言う名の集まりを、少し遠くになるが、岐阜県にまで、やってきたので、薬草の花を見に来たのであった。 

 

  「内藤記念くすり博物館」
      岐阜県各務原市川島竹早町1    入場無料 

 目の前に薬草畑はあるが、それは後にして先ずは、博物館を見た。

 

 木製の大型石臼である。 大きな輪の中に人が入り、その体重で輪を回転させ、それを動力源にして、木製の歯車で大きな石臼を回転させる装置である。 これで、大量の粉末を作っていたものと思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 健康が気になる、どこかの”おっさん達”が、このコーナーだけは極めて熱心に、測定を行っていた。

 

 

 薬草の展示畑であるが、 未だ春は少し早いが、若干の花が見られた。 

 

  春は未だ浅いが、この畑では、"新種"が2~3点見つけたが、名前の解らないものもあり、問い合わせ中であり、判明後に掲載する。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 各務原航空宇宙博物館と基地... | トップ | 庭にも春がやってきた! (N... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

資料館」カテゴリの最新記事