木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

足跡は残っていなかった (No 2001)

2019-05-01 08:00:00 | 庭園公園

 本日から、元号が「令和」になる。 宮中などでは天皇の交代などいろいろと行事があるようであるが、我が生活圏内では何もなく、新しい時代に入ったとの、感覚は殆ど感じないし、取り敢えず改めるべきことも感じないので、従来と同じような日々が続くことになるようである。 

 

            ー  ー  ー  ー  ー  ー

  (前回からの続編)

  四日市にある、「光風窯の蔵出し市」に来て、ご馳走に成り、腹ごなしはしたものの、空腹状態ではないが、長い習慣から、昼飯を腹に入れないと、気分が収まらない、このためには腹にもたれない、軽いものがいいいと考えた。

 それで入ったのは「ジョリーパスタ」という、最近四日市に出来た パスタ専門の店にやってきた。 店はやはり、若い人が多く、老人はごく希のようである。

 

 味は私の好みに合い美味しいと感じたが、蟹の身がカラから離れにくく、大方捨てる事になったが、空腹ではないのが幸いに、腹は納まった。

 

 

  遅い昼食を取ったあとは、昔懐かしい所にやってきた。

 

 「垂坂公園(羽津山緑地)」

  この近くに山手中学があり、私はその3年間をこの辺りで過ごしたのであった。今から、六十数年前の事であるが、この辺りにはしょっちゅう来ていた。 図工の時間には画板の他に弁当を持ち込んでいたことがばれて、先生に叱られたことがあった。

 若しかしたら、足跡がまだ残ってはいまいかと思ったが、それは無理な願望でしかなかった・・・・。 しかし、暫くは少年の時代に心は戻った瞬間であった。

 

 

  展望台があり、素晴しい夜景が見られる場所があると聞いたが、見当たらない。

 

 恐らく、石油コンビナート周辺の灯りの事だろうと見て回るが、それらしき場所、火野正平氏がTVで絶賛(?)したという、夜景を見る場所が見当たらない。

 

 地図を見たら、下の建物の奥(西方)に展望台があると書いてあるが、ここまで来て誠に残念ながら、最早足腰が拒否し始めたので、ここで断念するしかなかったのであった。

 

 「コデマリ」の乱舞がとても印象に深く残った!。

 

  以上にて、今回の「光風窯も蔵出し市」を主体とする、親友会の行動記録はお仕舞いとする。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 光風窯蔵出し市 (No 2000) | トップ | またもや失敗! (No 2002) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

庭園公園」カテゴリの最新記事