木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1710 「食事会-13-2」 新物喰いの悲哀

2018-01-15 08:00:00 | 資料館

 関東と東海を除き全国的に大雪で、半日以上に渡り多数の車や満員の列車が立ち往生するなか、奇跡的(?)に好天にめぐまれた当地方において、2018.01.12(金)、高校時代の仲良し四人でやってる「食事会」の 13回目は、名古屋空港で行うことになり、四日市を9時30分に出発し、東名阪にて小牧空港に向かった。 

 場所は、元の国際線ターミナル周辺を再開発し、ざっと見てその1/3をスーパーが占め、他を各種商店が入る「エアーポートウオーク」の隣りに作られた建物がその第一である。よって、周辺の駐車料はタダ。

 あいちミュージアム

  展示品は、YS-11など数機で、M社のものばかり、が並べられているが、目を引くものは何も無し。訪れる人も殆ど無く、閑散としている。

 

 

 熱心(?)に見入る、おっさん達。

 

建物の屋上は展望デッキとなっており、ここの方が展示室よりも、沢山の飛行機を見る事が出来る。ここに来るには¥1000要るが、国内線送迎デッキに行けば、無料で見られるのは言うまでも無いこと。

 

ただし、離発着するのは、ヘリコプターばかり。下のは、愛知県警と書いてある。

 

 MRJミュージアム

 あいちミュージアムから、小型バス2~3分間乗車。 身体検査があるかもと恐れたが、流石にそれはなく、しかし、厳重に撮影禁止であるから、カメラやスマホは、ロッカーに入れて、15名限定で、最終組立工場を遠くからちらりと見るのである。

 工場といえども、見せる為に特別に化粧されているからきれいであるが、製造現場で長く仕事をしてきた者にとっては、この程度の整理整頓清掃はごく普通のこと、工場の真ん中の高い位置から見るが、ただただ、部品らしき多数の箱と工具箱らしきものがずらりと並ぶのみ。

 組立中(?)の飛行機の胴体の中でさえも、人の動きは全く感じられず、試験飛行などで不具合が次々と発見され、再々の納期遅延が報じられているが、ここに来て、現場での組立ての仕事が進められない現状を垣間見た感じがする。

 広い工場の大部分を部品置き場が占めていることから、「仕掛かり品」が異常に多く、製造工程が滞っていることがはっきり窺える。見る限りここは部品置き場であり、ものつくりの工場とはとても思えない、極めて活気のない場所、倉庫の中を歩くと同じであった。

  建物の外観でさえ、撮影を許さないが、入った所だけが、撮影を許されている。 

 

頼みもしないのに、カメラを持ってくれたが、忌み嫌われる”足切れ写真”であった。

 

 名前と場所では、ふたつのミュージアムと称するものを見たが、別々に見ると、各館¥1000、合わせてみると、合計¥1500 この価値があるか否かは見る人の判断であろうが、期待に大きく反すると思う人も多々あるのではと感じた。

 昨年11月末に開館したが、その近辺の予約状況は、当初一のみヶ月分は全日満席であったが、今日(2018.01.13)朝現在では、次の土日(1/20,21)以外は空がある現状をみると、入館料の見直しや、予約制までも、現状維持は難しくなるのではと危惧する。

 見ると、二つの館ともに、空きスペースがいくつもあった。 飲食店が出来る予定も聞いているがまだ無く、この先も出来る可能性は極めて低いように思う。 別の構成も含め、今後充実される可能性も無くは無いので、早く来てしまったかも知れないが、いずれにしろ、またしても”新物喰い”の悲哀を味わったのであった。

                        以上

 追記

  つい先日も当ブログに書いたが、「食事会」と言いつつも、今回のブログは食事の言葉も写真もない、ちょっと変とも言える状態かもしれないが、実は今、この会の名前などをみんなに求めており、次回の集合時に決めることにしたのであった。

 ”嫌(賢)人会”とか”どこ行く会”とか、”嫁いいなり会”などと妙案が出ているが、ユニークな名前がいいのではと、私は思っているが、はてさて、どんな傑作な名前になるか・・・・?。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 1708 ホームページの改造(5... | トップ | 1711 お茶会とブログのネタ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
仲良し会 (shuttle)
2018-01-15 20:38:57
木燃人さん

ありのまま「仲良し会」で如何でしょう。4人組と名付けると欠けた場合に困りますよね。それはさて置き、中部空港にいかれたとか。空港内のみやげ物店とか飲食店とか、勿論、飛行機見学などで、旅行しない人もたくさん訪れるそうです。私は北海道や九州に行く際には必ずここを使いますから、比較的に馴染みがあります。しかし、周辺の色々な見学場所に入った事はありません。日本の飛行機産業はあまり振るっていませんね。外国からの購入を続けていては駄目ですよね。
お粗末なミュージアム (木燃人)
2018-01-16 08:13:13
shuttleさん

そうですね、「仲良し会」という名前が素直で、状態を表しているかも知れません。
もっと飛行機の生産が進み売れる状態を予測して作ったのかも知れませんが、ペンキを塗りまくった、部品倉庫を¥1000も出して見るものではありません。 それに、付け足しのようにした、もうひとつの”あいち”も、見るべきものはなく、見に来るのは、私みたいな、馬鹿な新物喰いのみです。早晩閉鎖または大幅な改革を余儀なくされると、私は予測します。
こんな、馬鹿馬鹿しい所に、仲良し三人を¥1500+交通費を使わせて、連れてきた事を極めて申し訳無く思っているところです。 この二つのミュージアムには、行かれない方が後悔が残りませんよ!。

コメントを投稿

資料館」カテゴリの最新記事