木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

古い写真から"新種"-10 (No 2237)

2020-04-23 08:00:00 | ホームページ

 私の「花写真鑑」を見て、花の名前が違うとの指摘を戴いた。それでざっと調べた結果、花の名前などが違うことが判明したので、即座に指摘を受けた部分のみ、閉鎖して、調査をしていた。

 植物については、全くの素人、会社を辞めてから、趣味で花と写真を始めたから、その結果を花写真鑑にまとめているだけであるから、一応調べるが、間違いは多々あるものと承知している。

 ただし、私が調査するのは、植物についての持てる数冊の「花図鑑」とネット上で検索した事項になるから、あくまでも趣味の範囲内である。勿論間違いは正すが、絶対的に正確なものとは未だに思って居ない。

 ネット上には色々な情報があるが、私の場合は、①まずその時点で、一般に正しそうと思った事を書き、②その後、間違いを指摘された場合は、その時点で調べ、正しそうな方向に修正している。

 

 今回は、私が「オーニソガラム」としているものが、「オオアマナ」との兼ね合いで違うとの指摘であったので、調査の上、今まで二種としていたものを、三種に分割し、それぞれの名前を一新した。

 

 「オーニソガラム・ダビウム」 登録 第 532号 

 従来、「オーニソガラム」としていたが、その変種のようだが、「ダビウス」を付け加えた。 従来、この他に「クロホシオオアマナ」とか、「ベツレヘムの星」としていたものを、別にし切り離した。

 よって、ここは「オーニソガラム・ダビウム」のみの部屋としたことになる。 花写真鑑には、橙色の花も加わり、お陰で賑やかになる。

 (公開後、誤りを指摘されたので、修正する。(オーニソガラム・ダビウス→ダビオム」 2020.04.26訂正  ご指摘を感謝します。)

 

 「クロホシオオアマナ」  "新種"登録 第1855号

 従来、「オーニソガラム」の中に含めていたが、この際独立させ、新しい部屋を創立したもの。 花の中央が更に黒く大きくなると、この花の特徴が現れるし、そうであったら、その時点で、別にしていただろうと今思う。

 これは、怪我の功名と言えるのかも?。

 

 「オオアマナ」   登録 第 586号

 中味を見直した。

 

 

 もう一点、間違いを指摘されたので、ここに載せる。

 

 「オスモキシロン」  登録 第 456号

 従来、「オーキッドナーセリー」としていたものであるが、これは団体の名称であって、花の名前ではないと、厳しく指摘されたもの。「オスモキシロン・リネアレ」が正式な名称らしい。

 また、お叱りを受けるやも知れないが、「オスモキシロン」が一般的に流通しているようなので、これを基準名とした。

 

 ご指摘をありがとうございました。

 

コメント (2)