木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

古い写真から"新種"-2 (No 2226)

2020-03-26 08:00:00 | ホームページ

 友の提案があり、古い写真を見ていたら、私の作る「花写真鑑」にまだ無い花(以下"新種"という)が、いくつもあったので、これらをブログのネタにしているが、日頃見た事も無い花が結構あり、"新種"にはなるが、名前の確定に時間を要している。

 多くはヨーロッパあたりから、移植されたものと思うが、当地の気候やその他の環境の変化により、当地に入ってから独特の進化を遂げたらしく、大幅に花の形などが変っており、花の名前の確定には時間が掛かっている。

 

 

 「ヒメフヨウ」  "新種"登録 第1819号

 最初は「ハイビスカス」の蕾かと思ったが、花は多くあるのに、ひとつも開いてないのを見て、これは違う種だと感じたが、矢張りこの花はいつまで待っても開かないらしい。 

 この花は、2012年11月にネパールを旅したときに撮ったものであるが、以来8年近くになるが、未だに開いてないのである???。

 

「ディエテス・グランディフローラ」  "新種"登録 第1820号

 ちょっと変った、「アヤメ」の仲間である。 この写真は2010年12月に  ニュージーランドを旅したときに撮ったものである。

 

 「チョイジア」  "新種"登録 第1821号

 メキシコオレンジとの別名もあるらしい。 写真が一枚しかないので登録を躊躇したが、折角だからと、これで一種稼ごうと、登録をしたもの。

 

 「ヤツシロソウ」  "新種"登録 第1822号

 敢えて、和名を基準名としたが、若干無理があるかも知れない。

 

 

 

 「セイヨウオダマキ」

 てっきり"新種"かと思ったが、まさか「セイヨウオダマキ」とは思いもよらなかった。 「オダマキ」にも色んなのがあるものだと、つくづくと思い知らされた!。 そう言えば、花ガラは「オダマキ」で見た事あるなあ!。

 私のイメージでは、他にも形や配色が違うものもあるが、下が「セイヨウオダマキ」と思っていたが・・・?。

 

 デジタル写真はいいものだ、こんなに古い写真も全然セピア色になってないのは驚きだ!!!。

 

                        まだあるぞ!。

 

 

 

 

 

 

コメント