木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

"新種"の購入 (No 2140)

2019-12-12 08:00:00 | ホームページ

  2019.11.29,多度町にある、園芸専門店に来て、隅から隅まで、見落とすことがないように見て周り、過去の私の「花写真鑑」に未だ登録の無い花(以下"新種"という)がないか調べ、"新種"と思われるものを片っ端から籠に入れたのであった。

  合計では12種類、15株を購入したが、内3種は"新種"ではないが、寄植えの都合上、購入した物で、その他の9種類が"新種"の積りでかったのであるが、今回は見事に推測通り、ぴったり当たり、9種9株すべてが、"新種"であることが判明した。

 この9種類を新規に登録をするのであるが、システムが非常に複雑になってきたので、時間を要するので、細切れになるが、登録をすませたものから、公開して行くことにする。 

 

 「ノシラン(熨斗蘭)」  "新種"登録 第1800号

 別名を「ミスキャンタス」とも言い、花は今は無いが、その内に咲くことを期待して、登録とした。 寄植えには、隅の空いた場所などにもってこいのために買ったのであり、有効に使える。 (¥298 HHB)

 

 

 「ダブルバコバ」  "新種"登録 第1801号

 現品には「ステラ/スコピア」と書いてあり、また、調べると「ヤエザキバコパ」などとも言われるが、「ダブルバコバ」が一般的に使われているようなので、それを採用した。なお、「ステラ/スコピア」も「ヤエザキバコパ」別名としても扱わない。 

 本品は今回購入品の中で、最も高価(¥780 HHB)であり、また、その名前等から園芸品種臭いので、かなり躊躇したことを併記しておく。"新種"制度があればこその結果ではある。

 

 

 「ベニハクチョウゲ」  "新種"登録 第1802号

  古くからあり、我が家の旧家にもあったのと色違いの可能性も無くなはないが、今は深く考えないでおく。

 

  当面の難関と思われた、1800種も遂に達成することが出来、目標の2000種類が、ぐんと近づいた感じがする。 最近、この店ならずも、私のような"新物喰い"があちこちに居るらしく、珍しい花が店頭にならんでいる。

 それも、中身が園芸品種ばかりかというと、必ずしもそうではなく、日本古来からの花や、外国から来た花が含まれるので、我が「花写真鑑」としては、大歓迎ながら、植えても来年咲く可能性は、保証されないのが、難点である。

 

                             つづく

コメント