木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

パソコンソフトの障害と修復-3 (No 2085)

2019-10-07 08:00:00 | パソコン

 2019.08.17(土)に、数時間にも及ぶ、パソコンOSのバージョンアップらしいものがあり、その結果甚大な被害を被った。 その後全体では一ヶ月余りに及ぶ、パソコン素人の悪戦苦闘ともいえる、修復作業により、その多くは元の状態に戻った。   

 数日前までは、修復の最後の砦として残っていたのは、FFFTP への接続とメールソフトのログイン問題であったが、FFFTP への接続は、マイクロソフト(以下MSと略す)からの通知のようなものがあって、FFFTP への接続問題は解消し、残るは、メールソフトのみとなり、これも同様に行けると踏んでいたのであった。

 しかし、メールソフト(Thunderbired)の復旧作業を何度もやってみるも、ログイン出来ないのである。 その原因は、以前使用し始めた頃とは、セキュリティー面がかなり高度になり、暗号化などが入り込んでいるためらしいことが判明した。

 セキュリティー面が向上することはやぶさかではないが、色々やってもログイン出来ないのである。 世に無料で提供されるメールソフトはいくつもあるが、私が hunderbired に拘るのはそれなりの機能があるからであり、以前友とともに、他社のものと持てる機能を比較し良いと決めて、採用していたのであった。

 私のメールソフトに求める特別(?)な機能 
  (機能が付属しない事がある、ソフトが実在する機能のみ)

 ① 画像がメールの文中に挿入出来ること。
    さらに、文章に付属して、別途(文中でなく)添付できること。

 ② バックアップ(別途コピーの保管)が簡単にできること。
    Wordへのコピペがより簡単に行えること。

 ③ 記号、絵文字、文字の装飾 

 この三つの条件を満たすのは、Thunderbired でしかないのである。
  この他にあれば良いとする機能。(実はまだ見つけてはいない)

 ④ バックアップを開く場合のアプリが一般的なもの。
    たとえば、Internet Explorer や、Wordなど。

 

 

 このブログを書き始めたのは、メールソフトも含め、復旧作業に見通しが付いた段階であったが、上記の如く、まだ問題があることが判明したので、急遽ストーリーを変えざるを得なかったのであった。 その前までは、これが最後の文章にするつもりが、そうは問屋が卸さなかったと言うわけである。

 この件を友にも教示を頼んでいたので、その内容をメールしようとして、Thunderbired のエラーエッセージなどを、[Prt Sc] でコピペしようとしたところ、画像ソフトに"白紙"しか現れないのであった。これはソフトが壊れているのかも知れない。また、画像アプリを変えても同じ現象であった。

 これらの事から、Thunderbired が開けない、[Prt Sc] が使えないこの二つの問題のみではなく、他にもある可能性が出てきたことで、本稿も終わる訳には行かなくなってしまったのであった。 

 その全てをチェックすることは、到底不可能であるから、一層全体をパソコンを購入した時の状態に「初期化する」ことも考えねばならなくなってきた。しかし、もし今初期化したら、ここまで来た修復の道のりを、再度繰り返さねばならないので、それは大変な苦痛を伴うので躊躇している。

 

 結論のない文章になったが、ひとまずここでこの稿を閉め、再度見通しがたったらまた書くことにする。

 

コメント