木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

購入した。"新種" (No 2022)

2019-06-01 08:00:00 | 我が庭の花

  寄植えは植えてから時間が経つと、花期が終わってしまったり、季節の移り変わりで、消えてゆくのものもある。 宿根草であっても、これから咲く花に植え替えねばならない。そのために、季節が変るたびに植え替えをやっている。

 そのために、先日多度の大型専門店に出向き、大量の買いだしを行ったのであった。 今回は目的が寄植えの前景用であるために、背の高くならないものを撰ばなければならず、必ずしも、私の花写真鑑の未だ無い花(以下"新種"という)ばかりを撰ぶ訳には行かなかった。

 散々探した結果、それでも、次の6種類の"新種"を買う事が出来た。

  

 「アズーロコンパクト」

 花付が悪いが、”新種"とあらば、そんなことを言っていたら、買うものがないと、買わざるを得なかったのであった。 ご丁寧に二色をも買った。

 

 

 「ア ラ ビ ス」

 これも普通なら、絶対買わない花であるが、"新種"である以上は、一度は避けられないことと泣く泣く購入したのであった。 雑草で繁殖力の強い「ナズナ」別名を「ペンペン草」という憎まれっ子によく似ているのも、買いたくない理由なのだが・・・!。 (¥298 HIB)

 

 

 「カランドリニア」

 「スベリヒユ」の仲間のようだ。   (¥298  HIB)

 

 

 「シ レ ネ」

  「シレネベンジュラ」は我が家で今咲いてるが、その大元がいまごろお出ましだ!。 しかし、葉がきれいだから、このままなら観葉植物としてもいけそう!。  (¥298 HIB)

 

 

 

 「ダイギンリュウ(大銀竜)」

 多肉植物ではあるが、値段も高いが、変った花が出回りはじめたものだ!!!。 (¥780 HIB)

 

 

  「ライスフラワー」

 ご飯粒そっくりの花、決して美人とは言えないが、一応新種だから、一等席のお座り担った。 (¥780 HIB)

 

                         以上

 

コメント