木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

これでも花かっ! (No 1984)

2019-04-14 08:00:00 | ホームページ

  だいぶん前になるが、友が私の「花写真鑑」を見て、ここに新しく載る花(以下簡単のため"新種"という)は、全然きれいではないと言われたことがあった。 正にその通り、写真集も1700種類をこえてくると、きれいな花では最早"新種"は望めなくなってしまったのだ!。

 今回紹介する花は、その上を行くような、”見事に美しく無い花”の見本のような花であるが、こんなものでも花として、扱わねばならなくなってきた、実態を痛感させられた次第である。

 

  「クロタケ(黒竹)」 "新種"登録 第1747号

 竹の花は、大体こんなもので、きれいでない花の代表みたいであり、子供の頃から見ているが、今回、ようやく"新種"に登録とした。 昔は、竹の花が咲くと地震が起きると言う噂であったが、今も・・・?。 

 

 

 「コウヤマキ」

 既に登録済みであり、"新種"ではないが、これも花には違いなかろう?。 「コウヤマキ」には花の写真がなかったので、今回追加とした。

 

 

 「ダイオウマツ(大王松)」 "新種”登録 第1748号

 今は花は無いが、”どさくさにまぎれて” これも"新種"の仲間入りとした。

 

 

  以上3点は、2019.04.04(木)、奈良の大安寺の庭に植えられていたものである。

 

 

 「コットンフィリカ」  "新種”登録 第1746号

 2019.03.17生け花展で見つけた花であるが、長い間花の名前が解らなかったが、漸く判明したので、"新種"とうろくとしたのであった。 

  上の花は、花をきれいで無いように、わざと暗く撮ったのではない。 明るい室内ながら、フラッシュ焚いたがこのように、時々突然露出不足になるのである。 勿論この時は、露出を増やすが、今度は露出過度になってしまうのだ。

 このために、そろそろカメラの買換えを狙って、しばしば量販店に行ったり、カタログなどを見ているが、いまだに、これという機種にぶち当たってはいないので、辛抱状態が続いている。

 

コメント