木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

今年初の新種 (No 1954)

2019-03-07 08:00:00 | 我が庭の花

 寒い時期であり、店にも私が望む花は置いてないであろうと思うし、当時はホームページ全体の体裁を変える工事をしていたので、”新種”がこの時期に入るとややこしくなる可能性もあったりして、花の買出しを控えていたこともあり、久々の"新種"登録とあいなった。

 今日は我が家の浄水器を四日市市尾平のスーパーで購入し、今もそこにしか売っていないので、カートリッジの購入と、ここは衣料品も多く扱う店なので、それらも買出しとしたのであった。 しかし、私は運転手、客待ち時間を持て余し、止む無く花屋に向かったのであった。 

 ここの花店では、私の求める花は無いと思っていたが、見ると花の形がどこにでもある花とは違っており、無理をすれば"新種"とすることが出来ると思い、購入することにした。 (2019.03.05 購入)

 

 「ユーフォルピア・シルバースワン」 "新種"登録 第1740号

  「ユーフォルピア」と名の付く花は多いが、調べて見ると、本種は園芸品種ではなさそうであり、そうなれば「交雑種」の可能性もあるので、目出度く"新種"として登録とした。 (¥322 EOO)

  葉は斑入りであり、カラーリーフとしても、立派なものである。

  花弁か萼か知れないものに囲われて、雄しべと雌しべがちゃんとあるのに、その下の二つの膨らみは何者であろうか?。

 

  そこで、ふくらみの一つを裂いてみたら、中には雄しべと雌しべが準備されていた。 つまり、蕾出合ったようである。

 

 

 茎の根元と根元の葉の裏側を主に赤くなる習性があるようだ!。

 

  「イベリス」

 買いたいのは上の「ユーフォルピア」だけなのであるが、ひとつだけ買うのは少々憚られるので、この花なら、「詳細写真」が撮れると買ったのであった。 (¥322 EOO)

 

 

 

  「サクラ(?)」

 上記の二つの花を持って、レジに来たが、久々の買い出しにしては、物足りないと感じて居たら、隣にこけ玉にきれいに桜が咲いている写真があり、こけ玉を売っていた。 桜大好き人間にとっては、見逃しは到底出来なかった。

 値段を聞くと¥2138円とかなり高価ではあるが、そんなことは考える余地はなく、殆ど衝動買い的に買って仕舞ったのであった。 しかし、帰ってよく見ると何だかひ弱く、咲くか否かは極めてあやしい?!。

 

  後半は無駄な金使いであったこも知れないが、"新種"を¥2782で買ったのだと、思うことにした。(・・・トホホ・・・!)

 

 

 

コメント