木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

ホームページの改造 (No 1937)

2019-01-23 08:00:00 | ホームページ

 コーディングの本を購入して、その本に書かれている内容に従って、我がホームページの体裁を整える改造を実施しており、その中の一部、表紙、自己紹介、「花写真鑑」とその関連ページが完了したので、書いて置くことにした。

 今回改造のコンセプトは・・・
 ① 全体を通して、統一感のあるページとする。
 ② ディスプレー一杯の全画面で見ても崩れないで見られるようにする。
 ③ スマホでみても、ある程度見易くする。
 ④ バックグラウンドなどに”色気”を持たせる。

 花写真鑑においては、「登録一覧表」や「花の分類表」は、既に完成済みであり、今回はそれらの元になる「花写真鑑」とその目次である。 完成したものは、下の画面だ。 

 

 この「花写真鑑・目次」は、通常のサイドバー(メニューなど)方式とは異なり、現在の標準としている、HTML5では、使わない事になっている、”forme”などのタグを使うので、最新版のプラウザでは、文法エラーになるので、古いエディータを使わねばならない。

 実際に使用する場合、サイドバーから、例えば一つの花の詳細を選び出したりすると、サイドバーを残したままに、花の詳細画面が現れるので、次々と花の詳細を見ていく場合には非常に便利であり、私は多用している。

 しかし、このシステムではサイドバー以外から抽出した画面の全てが、サイドバーを残したままにその左に表示されてしまう。これを繰り返すと、もどることが困難になるので、この現象を”迷路に入った”と、私は言っているが、この場合は一旦終了するのが一番なのだ。

 「花写真鑑」を作成以来長年にわたり、この方式でやってきたが、過去に一度もクレームがないほどに、他人は見ないものであるから、そのままでも問題なしとしてきたが、今回、最上部にグローバルナビを設けたことで、迷路に入り込む危険が一層増大したので、検討を始めた。

 この”forme”や"target"などのタグが正式に認められる時代が来るのかも知れないが、それを待つ訳にもゆかないので、この際現在のスタンダードに戻すことを考えているのである。 この結果については、後報とする。

 

 

 

 

 

 

 

コメント