木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

植物園は”新種”の山 (No 1736)

2018-03-17 08:00:00 | 植物園の花

 津市にある赤塚植物園に来て、私としては初めて大きな温室に入り、珍しい花に出合い、私の「花写真鑑」にまだ無い”新種”を次々と見付けている。ここはその第二部を書いている。  

                   記

  ここに来て、前回5種類の”新種”を紹介したが、名前が判明し、登録が済んだものを中心に、今回はその残り半分を書こうと思う。 

 なお、温室には間違いないが、多くは作業場(農場)が併設され、展示品はこれから先、店頭に並ぶものらしく、まだ名前も何もついてない花(苗)もあり、名前を調査中なるも、園芸品種らしく、名前がなかなか見つからず、記載が間に合わないものも1~2種あった。

 

「ビヨウタコノキ(美葉蛸の木)」   ”新種”登録 第1615号

  url    http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/biyoutakonoki.html

  木の根元の「気根」を蛸の足に見立てたようだ。 「美葉」は「美容」とも書くようであるが、葉や姿が美しいので付いた名前のようである。

 立派な実が成るが、食用にはしないそうである。

 

「タビビトノキ(旅人の木)」  ”新種”登録 第1616号

  url       http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/tabibitonoki.html

  何となく夢がもてるような名前が付いている。 それは高木であり、葉が東西に広がり、扇状になることから、旅人のコンパスになると見立てたらしい。

 その形の不思議さ、ユニークな木であったから、相当前に写真か何かで見た記憶が明確に蘇った。 そして今こんな話を聞くと、道に迷った旅人がこの木を見て安堵する姿が、目に浮かぶ・・・・のは私だけかも知れない。

 

 これは花がらであるが・・・

 内部は、このような思いも寄らない色になっているそうだ。

 

 

「サンゴアブラギリ(珊瑚油桐)」  ”新種”登録 第1617号

url     http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/sangoaburagiri.html

 見るからに「サンゴ」であるが、「桐」は葉の形が似ていることから来たようだ。

 木には、鋭いとげが多数ついている。

  

「プリムラ・ウインティー」  ”新種”登録 第1618号 

 url  

 大変に清楚な花であり、私が最も好む花である、園芸品種でなければ・・・!。

 

「バ ナ ナ」

url       http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/banana.html

 いつ見ても、誠に不思議な花である!。

 「 バナナ」実の先端についていたと思われる、花ガラが多数落ちていた。

 

 以上であるが、今まで当植物園を見たのは、主に「レッドヒーサーの森」であり、ここは実験農場の性格もあってか、園芸品種が圧倒的に多かったので、今日もそれを覚悟していたが、それが極めて少なかったのは、大変に以外であり見直した。そのために、この温室郡を詳細に見るために四季に来る目標が出来た。

 さて、今日は当植物園の温室と販売店頭を見た後、今度は近くにある「レッドヒルヒーサーの森」と呼ぶ広い庭園に向かった。 ここは、多くの花が植えられていて、前回も二時間ほど居て実に20種前後の”新種”を見付けている。

 ここは入場料が¥1000と高いし、農場の経営であるから、試験的に植えることもあろうから、当然のことながら、園芸品種のオンパレードであるが、”新種”が欲しいばかりに、今日も入ろうとやってきた。

 しかし、残念ながら、今日は「強風と整備のため」と称して、休園であった。今の時期は花が少なく、ペイするだけの人を呼ぶ魅力を造り出せ無いのだろうと納得。  よって、赤塚植物園はこれにて修了とし、友の案で観音様を見に行くこととした。

 

コメント (4)