木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

お茶会転じて”新種”漁り (No 1734)

2018-03-13 08:00:00 | 飲食店

 いつもの友とお茶していたら、急に予定が変わって、急遽、私が望む津市の植物園へ行く事になり、そこで”新種” 捜しとなった、その一部始終を書き残すことにした。

                  記    

 2018.03.01(木)、朝9時前に、何時もの友から、昼飯は約束があるので、それまでの間になるが、「お茶しよか?」 とのSMSが入った。
 暇を持て余している私が、それを断る理由はなく、直ちに行動開始。 10時に車で10分位のところの喫茶店に集合とした。

「珈琲屋 真戸運永(マドンナ)」

    三重県菰野町神森 (湯の山街道沿い)

 この店は、以前はガソリンスタンドの敷地内にあり、給油の度にコーヒーを飲んでおり、結構古くから知る店である。 ここは娘から、チーズケーキが美味しいと聞いていたが、何度来ても、チャンスがなく食べないで居る。

 

この写真なら、肖像権などと、苦情はあるまい!。

 

 ここで、当ブログ前回(2018.03.11公開)にて書いた「「オオベニゴウカン」が見ごろだよ」から始まる、一連の話をしたのであった。「オオベニゴウカン」は私の「花写真鑑」に別名で登録してあり、それを分割したことで済んだ。


 下の写真がその「オオベニゴウカン」(撮影2018.03.01赤塚植物園)

 しかし、友の情報(新聞記事のコピー)によると、もうひとつ、珍しい「ベトナムツバキ」が見ごろであり、これはその友が私の「花写真鑑」を見て”新種”であるとまで、調べてくれたと話をした。

下がその「ベトナムツバキ」 (撮影2018.03.01赤塚植物園)の花がらと蕾
  本花の”新種”登録については、再度別途記載する。

 

  そこまで話したところ、彼に電話が入り、当日は春一番が吹いており、強風で昼食会は中止とのことであった。 そして、開口一番、今から行こうと言う。

 風が強いと屋外での撮影は困難であるが、お目当ての花は温室であり、風の影響はないとの判断もあった。この植物園にはレッドウッドの森など、見るものが多く、花も多いから、強風でも何かは撮れると踏んだのであった。

 勿論、こんな嬉しいことは他に無く、お茶会も即時中止、チーズケーキどころか、コーヒーもそこそこに、東名阪、伊勢道を走り、芸濃インターで降りたのであった。

 この後の顛末は稿を改めたいと思う。

 

 

コメント