木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

奥の細道 むすびの地 (No 1727 )

2018-03-05 08:00:00 | 名所旧跡

 松尾芭蕉の奥の細道を締める最後の訪問地、大垣市での足跡と「奥の細道むすびの記念館」を見るために、2018.02.18(日)大垣市の中心街付近に、高校時代からの仲良し三人がやってきた。(西美濃で食事会 シリーズ14-7)

 芭蕉は1689年に江戸を発ち、古歌や故事の名所・旧跡の地を訪ね、東北、北陸をこの間約2400Kmを150日かけて旅をし、大垣で結んだ。
 この記録をまとめたものが「奥の細道」であり、現代まで読み継がれている。
 この旅で美しい自然を体感し、古人と心を重ね合わせ、土地の人々と出会った芭蕉は、「不易流行(ふえきりゅうこう)」の考えを持つことになった。(パンフレットより抜粋=一部編集)

不易流行とは・・・・(Goo辞書より抜粋)
 いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと。また、新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが不易の本質であること。蕉風俳諧(しょうふうはいかい)の理念の一つ。解釈には諸説ある。「不易」はいつまでも変わらないこと。「流行」は時代々々に応じて変化すること。

 

「大垣船町川湊」

名勝 おくのほそ道の風景地。

 

「はまぐりの ふたみにわかれ ゆくあきぞ」 松尾芭蕉

 

下の写真左端は、「住吉燈台」 
  1840年に建てられた。(県指定史跡)

 橋は住吉橋

 

 「奥の細道ふすびの地・記念館」

    大垣市船街 2-26   入館料 ¥300

  記念館の中には、そのメインとなる、「芭蕉館」「先賢館」は写真撮影禁止のために、写真はなし。

芭蕉館には・・・
 奥の細道を旅路毎に区切り、関連する資料を展示。

先賢館には・・・
 大垣藩主の文教政策や、江戸時代後期から幕末にかけ活躍の5人を紹介。

AVシアターでは・・・
 奥の細道への、覚悟の旅立ちからむすびの大垣までを4ブロックに分け、合計約60分間、3D映像を美俳人の解説で紹介する。 

 

「無何有荘大醒榭(むかゆうそうたいせいしゃ)」

大垣藩藩老の別荘を移築(市文化財)

市のホームページによると・・・

 「無何有」の名前は、鉄心の師である鴻(おおとり)雪爪(せっそう)によるもので、荘子(そうし)の言葉「無にして何ぞ有らん」(無為・無作為で超然とした自然である境地)を意味しています。

 「大醒榭」は、和風に中国風意匠を取り入れた設計で茶室・湯殿・水屋・厠の4室で構成されており、茶室の天井は葦の網代天井、屋根は茅葺き、外側は紅殻塗装になっています。

 

  この後、ご一行様方は、大垣城へと向かわれた。 その記録は別途紹介する。

                        << つづく >>

 

 

コメント (4)