木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

散歩道で春を捜す (No 1733)

2018-03-02 08:00:00 | 野原の花

 春よ来い。早く来い!・・・と叫び、一日も早く春を掴み取りたくて、散歩道で春の兆しを探し歩いている。 また、コンデジの良さと悪さを明確に知る目的も加えて散歩道の草花や、ご近所の花などを撮っている。

                 記

 2018.02.28(水)今日は体調もよいので、ビールを美味しくするための散歩に、なるように、勇躍(?)コンデジを持って出掛けた。

 A4サイズなど、大きく写真をコピーする場合は、レンズや映像センサーの大きいカメラで撮らないと。、写真の粒子が荒れるなど、価値は下がるので重くても大きいカメラで撮らなければならない。

 しかし、私の場合、撮る目的の多くは、ブログ用の写真である。 この場合、写真は長辺が500ピクセル程度に縮小し、しかも多くの場合はディスプレーで見るから、ポケットサイズの小型のコンデジで撮っても殆ど変わらないのである。

 先日西美濃では、充電したが時間が経ち電気が抜けてしまった予備電池を持って行ったために、大きいカメラはが使えず、スマホで代行せざるを得なかった。しかし、ブログにしてみると、そのスマホの写真でも大差ないことを知った。

 購入価格には大差がり、レンズもその他の性能も全てについて、大きな差があるはずであるが、写真が見た目に違いが出ない、違いを出し得ていないということになり、高価なカメラ持ちながら、その機能を生かせていない事が裏付けられたのであった。

 このために、今後は写真の用途により使い分けるために、コンデジの活用を計ろうと考えている。 なお、今はその準備段階と考え、今手持ちのコンデジを使い込んで見た結果で、場合によっては、更に高性能のコンデジを考えてもよいのではと思って居る。

 また、その反面で、コンデジでは写真の価値が上げられない事、写真に対する不満を体感し、やっぱりコンデジでは物足りないと感じることが重要であり、これが写真の質を上げる一助になると思うからである。

 ・・・と、屁理屈はおいといて、野の春を捜してみると・・・

 

「ウメ」 

  ついに、咲き始めた、紅梅も・・・

 白梅も!。

 

「サクラ」は「ソメイヨシノ」などは、まだまだ”蕾固し”であるが、下の写真は木の肌模様は桜に似ているが、芽が膨らんでいた。蕾ではなく新芽のようだ。

 

「ビワ」の蕾が出来ていた。

 

これは・・・?、もしかしたら”新種”かも知れず、当分目が離せない!。

 

「サンシュユ」と思うが、断定出来ない。

 

「オウバイ」

 「スイセン」

 変わった「スイセン」。

 

 このくらい撮ると、コンデジの限界がちらちら、見えてきたが、それは、もう少し多く撮って見てから、考えたいと思う。

 

コメント (2)