木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1714 羽津丑寅会(小学同年会)-1

2018-02-03 08:00:00 | その他

 羽津小学校を昭和28年3月の卒業生でつくる、「丑寅会」の食事会に参加した。 「丑寅会」の行事の他に、従来女性だけで行っていた食事会に、今回から男子も入れてもらえるようになり、私も参加したのであった。

 長い間続いた「丑寅会」も、メンバーや幹事が高齢化し、実行が難しくなったとして、先般の、伊勢方面一泊の小旅行を最後に解散の憂き目をみることとなったので、その代わりとして、食事会を拡大したのであった。

 その食事会の第一回目が、2018.01.29(月)四日市で開催された。 ここは四日市市の北部、近鉄電車では、「川越富洲原」駅下車、東口より出て徒歩5の所に、午前11時集合となっていた。

 私はアルコールを飲みたいばっかりに車を止め、珍しく電車でやってきた。 下は下車した駅であるが、昔は単に富州原駅であったが、財政的に豊かな川越町の力(?)が影響したのか、駅名が変わっていた。 

 

 何時ものことであるが、私は集合時間よりも小一時間前に必ず到着して、周辺を歩き写真を撮ることにしているので、今日もその例に漏れず、少し歩いてみた。目を引くものは無かったので、散策を止め、コーヒーショップに入った。

 「釈迦堂」

 

 今日の食事会の場所である。  参加者は女子8名、男子4名が来ていた。

 

 今日の食事は、和食のランチであり、味も私好みであり、¥1700は結構お値打ちであると思い、話に花を咲かせながら、美味しく戴いた。

 

 もともと女子の会であったことと、足腰の不自由なものが多く、ここは食べることと、おしゃべりに花を咲かす事が中心で、見学は一切なしであった。 食事の後は、ファミレスに入り、おしゃべりを続けた。

 何故ファミレスかと問えば、この店はコーヒー一杯で、長時間居ても帰れとは言われないし、コーヒーのお変わりも自由なので、おしゃべり目的には、ぴったしの店であるから、会の幹事会にも使っていたとのことであった。

 

  年寄りが集まれば、いつもどこでも同じながら、他の人の消息や、孫子の話、病気の話とお決まりのコースながら、今日も楽しい時間を過ごす事が出来たと、皆に感謝しつつ、15時すぎに、解散となった。

 

 

コメント (2)