木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1700 思いがけない”新種”

2017-12-30 08:00:00 | 我が庭の花

 畑をやってる友二人には、今年も沢山の季節の野菜を戴いてきた。 ジャガイモやカボチャ、トウガラシ、ナス、キュウリ、サトイモ、ニンジン、サツマイモ、ダイコン、そしてとどめは、カラミダイコンなどなど、我が家の貧しい食卓が、お陰で大賑わいになったのであった。

 このように一年間貰いっぱなしであったので、感謝の意味で2017.12.27(水)昼飯を共にしたのであったが、それらに関連して、思わぬ”新種(私の「花写真鑑」に未登録の植物=以下同)”が登録できたので一括して紹介するもの。 

 

 「カラミダイコン(辛味大根)」  “新種”登録 第1604号

 この”辛い辛いダイコン”に付いては、2017.12.15付けの当ブログで詳細を書いたが、食べ急いだ結果、写真を撮ることを忘れて、”新種”登録を逸していたが、再び持ってきてくれたので、今度は食べる前にきっちり写真を撮り、”新種”登録にこぎ着けたのであった。

 

 

 「コーラルビー」or「カブカンラン(蕪甘藍)」  “新種”登録 第1605号

 そしてもう一人の友は、人間もユニークであるからか、変わった野菜をもってきてくれたのであった。 この野菜はかなり前に、何処かの道の駅のようなところで出会った記憶があるが、 もしかすると、”新種”を集める私の為もあってか、畑に植えて置き、実ったので持ってきてくれたようである。

  上の写真まるまると太った部分は、根の部分ではなく、茎が太くなったもののようだ。 根はこの下にある。(下の写真参照) 余りにも珍しく、毎日眺めているが、ぼちぼち食べてみたくなったが、ここにその感想を書くには至らなかった。 

 

 

 「ヒャクリョウ(百両)」  “新種”登録 第1606号

 食事を終えて、その帰路に農協などがやる「四季采」に立ち寄ったら、「ヒャクリョウ」があったので、購入した。 「マンリョウ」「センリョウ」が既に登録済であり、これがあることは、承知していたが、巡り会わなかったのである。

 店の陳列を見て友が「百両」とかいてあるから、100円だぞ!、というので、レジに行き、「百両と書いて合ったから、100円だね」と言ったら、澄ました顔で「今のレートで、百両は580円です」と言うから、にっこり笑って¥580支払った。

 このことを帰りの車の中で言ったら、大笑いになった。 何とユーモアーの上手なレジ担当のお姉さんであったと、腹を抱えて久々の大笑いであった。

 

「ア ロ エ 」  “新種”登録 第1607号

 この「アロエ」は、上記「辛味大根」を作った友が、近所で咲いているが、「花写真鑑」に載ってないから、見に来ないかの連絡を受けていた。 2017.12.28(木)四日市に用が出来たので、急遽電話をして、友に案内を頼んだのであった。

 よく知られているが、「アロエ」はやけどの薬であり、食べられるとあって、昔はどこの家にも植えられていたが、花が咲くのは、特殊な条件があるようで、我が家でも長年植えていたが、花を見ることはなかった。

 本来なら、花をひとつ失敬して、ナイフで切り裂き、花の内部の写真をマクロレンズで撮るところなれど、ここは知らないお宅の庭に咲いているので、それは出来ず、最短距離に寄って撮るのみであった。

 

 以上4点は、友の協力があってこそ、達成出来た”新種”なのである。 私には何とも嬉しい事であり、良い友を持ったと感謝の上に感謝感謝感謝をしたのであった。

 

コメント (4)