木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1675 ポールモーリア・リメンバー・コンサート

2017-10-26 08:00:00 | 祭、イベント

  ある日、高校時代の友から、10月20日金曜日は開けておけと言う。 彼が言えばノーと言わないことを承知の上で言ってきたことらしい。 また何か企んでいるなとは思ったが、全く気にせず、数日が経ち彼が何か高級な入れ物に入ったものを見せて、これ20日のもの・・・と言う。

 開けてみると何と、「ポールモーリア・リメンバー・コンサート」のチケットであり、税込¥8800という文字が目に入った。 前にも書いたが、音楽には全く縁のない生涯であったから、コンサートなど、私の柄に合わず、無縁のものと思っていた。

 確かに、軽音楽は柄にもなく好きで、幾多のレコード板、CD、ネットからのダウンロードしたものは数多く持っているし、ポールモーリア(以下”ポール”と略す)の30曲入りのCDを持っていて、車中やパソコンでの作業中にBGMとして、聞いてはいるが、未だかってコンサートは一度も訪れたことはない。

 高額のコンサートとあらば、写真撮影や録音は厳しく禁止されるであろう事を考えると、今の私には全く縁もゆかりもない、完全に別世界のことなのである。 知っていれば断ったかも知れないが、今更断る間柄でもなく、渋々ながら笑顔で行くことにしたのであった。

 前回、県の美術館で「テオヤンセン展」を見た時は、美術品は撮影禁止であっても、建物が立派であったから、外観だけで当ブログの一頁を飾ることが出来たが、ネットで事前に調べたら、カメラを持って入ると、没収するとも書いてあったから、しゃくではあるが、手ぶらで出掛けることにした。

 ポール本人ならば兎も角、もうこの世にいないのだから、まだ売れない楽団が、ポールの名を語って、ポール好きの日本人から、金を巻き上げに来たのかと思ったが、13時開演であるが、12時過ぎに来てみると、レストランは長い長い行列で、とても入ることは叶わなかった。

 場所は津市にある三重県文化会館の大ホールであり、我々の席は一階22列10番であり、真ん中近くの少し前よりで、音響効果も悪くない場所と判断した。そして待つ間もなく演奏が始まった。楽団は「GOJJJ」と言い、”グランド・オーケストラ”と指揮者の名前”ジャン・ジャック・ジュスタフレ”の先頭の文字を集めた形で呼んでいるようだ。 

 

 ジャン・ジャック・ジュスタフレ

フランス人であり、ホルン奏者であったが、ポールが指揮者として立てない時に、ポールに変わってポールモーリア楽団を指揮したことがあったようだ。 ポールの死後、未亡人に頼まれて、ポールの楽団を継承し、その名前を「GOJJJ」として、再出発させたものとある。

 

 

  CDやTVしか耳にしたことのない、私には強烈な、ど迫力を感じる一瞬であったが、もう二度と無いかも知れない、良い体験をさせて貰ったと友に感謝した次第。 ポールの楽団が演奏したCDばかりを聞いている私には、その編曲が異なると受ける感動が異なり、いまひとつ、全力で拍手するには至らなかった。

                        以上

  

 

 

 

 

  

コメント (4)