木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1667 たまには野原もいいもんだ

2017-09-17 08:00:00 | 野原の花

  先般、念願の白馬五竜高山植物園を訪れながらも、足腰の痛みで十分な取材が出来なかったことと、怪我の功名ながら、コンデジの良さを知って、そのテストをするためと、足腰を鍛える目的で、散歩を開始し、ついでに野草(雑草)を撮ってみた所、私の「花写真鑑」にまだ登録の無い花(以下“新種”という)が結構あることに気づいた。 

 それならばと、コンデジとの比較検討するためと、更に詳細な写真を撮るために、マクロ撮影用の装備を持って散歩に出ようとしたが、装備はかなりの重量になるので、以前作成した“カメラキャリアー(?)”に撮影機材を載せて、運搬の労力低減を図ったのであった。 

 “カメラキャリアー”と称するのは下記。

なお、写真では三脚は見せる ために、突き出させてあるが、運搬時は上のふたが閉じられる。また、レンズなどもこのままでは、ぶち当たるので、ケースに入れるなどの保護をすることは、言うまでも無いこと。下段には、リングストロボなどが入るが、当日は省略した。 


  それではその成果を披露しよう・

「アメリカキンゴジカ(アメリカ金午時花)」  “新種”登録 第1566号

  今日歩く散歩道は、団地に入居以来、何十年も歩いた道であるが、 今までに見た事も無い植物が多々あることが判明した。 道端の植物、雑草でしかない花に過去は目を向けなかったこともあるし、カメラを向ける対象のレベルが変わった事も考えられるが、これら帰化植物はその範囲が拡大して、目にするようになったことも考えられる。 

花はまだつぼみのようである。 下で見るように、つぼみの外形は5mmも無い小さなものであるから、過去は見過ごしていたことも考えられる。

 

 

 「ヤマノイモ(山の芋)」  “新種”登録  第1568号

 「ジネンジョ」である。 子供の頃この実に唾液を付けて、鼻にくっつけて遊んだ事を思い出した。

  

  「カナムグラ(鉄葎)」  “新種”登録  第1569号

 何とも地味な花、 これも蕾ではないかと思うが・・・・?。

 

 

「ク   ズ(葛)」

花の大きさの目安とすべく、「花写真鑑」に追加登録とした。 

 

「キンミズヒキ(金水引)」

 「花写真鑑」の充実のために、葉の部分を追加登録とした。

 

 

 「ウ   ド(独活)」 

 

 

 「オオニシキソウ(大錦草)」

 花の大きさが読めるようにと、「花写真鑑」に追加登録。

 

 

 前回当ブログに掲載した“新種”が6点であったから、併せて9点が新規登録となった。 雑草は名前を調べるには、資料が少なくて難しいが、それでも“新種”が手に入るなら今後も注意深く見てゆこうと思った。 

                                                             以上

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加