木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1607 庭の花(2909)花盛り

2017-05-04 08:00:00 | 我が庭の花

  暖かくなるのが少し遅いように感じる今日この頃であるが、庭は春真っ盛り。 毎日のように新しく花が開く、最も嬉しい時期だ。 ありきたりの花ばかりであるが、咲いたという記録を残すために掲載する。  撮影:2017.04.25~29

  

「フ   ジ(藤)」

 鉢植えながら、毎年美しい花を見せてくれる。

 

 

「プラキカム」

  

エンコウソウ(猿候草)

 水生植物にこだわって多数植えてた時の残党であるが、その後放置しているが、今も美しく咲いてくれる。

  

「ヒメフウロ」(姫風露)

 葉は、緑色もあり。 水分が少ないと赤くなる。

   

 カロライナジャスミン

 「ジャスミン」の仲間であるが、香りは弱い。

 

  

 アニソドンテア

 真冬も含めて、年中咲いているが、園芸品種ではないようだ。

  

 

 「ヒメリュウキンカ(姫立金花)」 八重咲き

「ヒメリュウキンカ」とは、花の様子が大きく異なるが、正しい答えは見つかっていない。

   

 (鈴蘭)

可愛い鈴が咲き始めた!。

  

  

 (苧環)

 

   

 セイヨウオダマキ(西洋苧環) 

   

 カナダオダマキ

 「オダマキ」三体を並べたが、随分と違うものだ!。

  

 山吹

太田さんが「七重八重、花は咲けども、山吹の、実の(蓑)ひとつだに、無きぞかなしき」と受けとった「ヤマブキ」のひと枝だ!。

 

 

 「コ デ マ リ (小手毬)」

まだ、鞠になってないが、このままで終わるかも?。

 

「シャクナゲ(石楠花)」

植えている場所が奥のため、日当たりの悪さが花期を遅くしたのか、しんがりを勤めている。

 

「キ ラ ラ」

「オステオスペルマム」を改良して、常時咲くように改良した、園芸品種。

 

白:「ノースポール」、桃:「シレネベンジュラ」、ライトブルー:「ワスレナグサ」 

手前の花は「ビオラ」

 

 

                                                             以上