木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1488 長居公園(4)長居植物園の”新種”-2/2

2016-05-06 08:00:00 | 植物園の花

 2016.04.26(火)快晴  広い長居植物園に来て、足腰は既にかなりの疲労を訴えるが、まだ日は高く元気を出して先を急ぐ。

  

「トゲナシハリエンジュ(刺無針槐)」  “新種”登録第1297号

 「ニセアカシアorハリエンジュ」とほとんど変わらない、何処が違うのかと思えば、その名の通り“棘“がない事らしい。 

  

 「ト チ ノ キ(栃の木)」  “新種”登録第1298号

「セイヨウトチノキ」はピンクの立派な花を形成するが、本種は白いこじんまりとしているそうだ。

  

「ト ネ リ コ」  “新種”登録第1299号

「シマトネリコ」との違いが明確にならないが、ここでは別種と置いた。

  

 「ナラガシワ(楢柏)」  “新種”登録第1300号

 柏餅には少し小さいかも?。 

  

 「ユ ー カ リ」

 巨大な木になっていた!。 今にもコアラが現れそうに!。

 

  

 「ニ ワ ト コ(庭常)」  “新種”登録第1301号

  

 「メ ラ レ ウ カ」  “新種”登録第1302号

 観葉植物としてたまに見かける。煎じて飲んだから「ティーツリー」ともいうらしい。

 

  「ヤエサンユウカ(八重三友花)」  “新種”登録第1303号

 「クチナシ」と蕾や葉などはよく似るが、その八重咲きではなく、別の種らしい。「クチナシ」は餅の色付けに使ったものだが、本種は有毒のようだ。

 

 

 

 まだまだ、細かく見れば多くの“新種”に出会えると思うし、まだ14時には間があるというのに、すでに足腰の疲労は限界に来ており、残念でありかなり勿体ないが、安全第一、ここで帰還せざるを得ないと腹を決めた次第。

 

                              << 完 >>      

 

コメント