木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1476 東山植物園の花(3)”新種”-1/2

2016-04-18 08:00:00 | 植物園の花

 植物園ともなれば、花が多く珍しいものも多くある場所との先入観のようなものがあり、野山に生える植物や、花が美しくないものには従来は殆ど無視してきたが、「花写真館」に新しく登録する花、植物(以下“新種”という)が少なくなってきたので、無視する訳にはゆかなくなってきた。

  そのように見方を変えて園内を回ると、結構“新種“に出会うことが出来たので、ここにそれらをまとめて掲載している。 全体では20種を超えるので、二回に分けて公開する。 第一回目は屋外にて自然な形で植えられているものを主にした。

  

「アメリカハナズオウ(アメリカ花蘇芳)」  “新種“登録 第1269号  

 今まで目にしてきた「ハナズオウ」との違いを見ると、花の形や色はあまり変わらないし、葉の前に花が咲くのも同じである。 見たところ違うのは「ハナズオウ」の枝は殆ど直立するのに対し、本種は横に枝が伸びていることだろうか?。 

本種は北アメリカが原産地というからか、日本人とアメリカ人の人柄の違いと一致するようにも見えて面白い。

 

  

「ヤエハナミズキ(八重花水木)」   新種”登録 第1270号

  写真は咲き始めで、もう少し日が経つとハナビラが白くなるらしい。

  

 ニワナナカマド(庭七竈)」   新種”登録 第1271号

  美しく豪華な花がついてないのはちょっと残念ながら、“新種“であるから、撮っておいたのも。 近い将来花の写真が撮れることを祈りつつ。

  

 ホソバテンジクメギ(細葉天竺目木)」   新種”登録 第1272号

  

 シャクナゲモドキ(石楠花擬き)」   新種”登録 第1273号

   

 「ムレスズメ(群雀)」   新種”登録 第1274号

葉も花も花のつき方も「エニシダ」に似る。

  

 「コバノガマズミ(小葉蒲染)」   新種”登録 第1275号

  

 「カラタチ(枳殻、枸橘)」   新種”登録 第1276号

  歌にも出てくる柑橘類であるが、私は初めて目にした。 花と鋭い棘が対になってるよだが、棘が花を守っている積りかも知れない。

 

  

 「テンダイウヤク(天台鳥薬)」   新種”登録 第1277号

  

 「シナフジ(支那藤)」   新種”登録 第1278号

 

  「ヒトツバ(一つ葉)」   新種”登録 第1279号

 山地でよく見かける「シダ」の一種らしい。 葉一枚で成り立っているのではなく、地下で繋がっているようだ。

 

 第二弾は温室で栽培されている植物を中心に載せたいと思っている。

コメント (2)