木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1467 庭の花(2813)

2016-04-08 08:00:00 | 我が庭の花

  春が進み我が家の庭も賑やかになって来た。 私の感覚では、今年の冬が異常な暖冬であったことなど、気象条件が例年と異なったせいか、花の咲方に種々の異常が見られる。 もっとも、肥料過多、施肥忘れなどもあるので、断定はできないが、とにかく見てほしい。

 

 「シャクナゲ (石楠花)」

 年末に蕾がふくらむなどお異常がみられたが、咲き始めた。 しかし、例年に比べかなり早い事と、硬い蕾との共生も初めて見る姿である。

 

  

「リキュウバイ (利休梅)」  

植えている場所は日当たりが悪く、また土も水はけが悪いので、例年花の数が少ないと承知していたものか、今年は何とびっしりと蕾が付いた。 初めは蕾で終わるかもと思っていたが、開花が始まった。 嬉しいことではあるが、少し不気味な面も若干あり!。

  

 「ツ バ キ (椿)」

 亡き母が私に残した唯一の遺産であるが、今年は何を思ったのか、無茶苦茶花の数が多い。 これだけ咲くと花後は周辺がゴミで後が大変だが、嬉しいことである。  木が大きくなり日陰を作るので、三年前に大きく切り戻したので、花の咲く数が少なかったから、余計に感じるのかも。

  

 「タンチョウソウ (丹頂草)」or「イワヤツデ (岩八手)」

 逆にこれは、幾つかの株があり、新芽は出ているが、咲くのはこの一株のみのようだ。

 

 「アフリカキンセンカ」 

昨年暮れに咲いてるのを購入したものであるが、冬に咲き終わったものを切りつめたら、また花芽がでて、見事に咲いた。 よく見ると少し花びらの咲が尖っているが、見事に咲いた。嬉しい誤算だ!。

  

 「ユキヤナギ (雪柳)」

  

 「カロライナジャスミン」

 これも年末あたりから蕾ができて、2~3輪開花したのみで終わっていたので、今年はダメかと思ったが、春になって今度は本格的に咲きだした。

  

 「ヒエンソウ (飛燕草)」or「チドリソウ (千鳥草)」

 秋の終わりごろ、赤、黄、白の三色購入したのだが、他は消えてしまい、白のみが残ったもの。

  

「ム ス カ リ」 

  

 「ニリンソウ (二輪草)」

 

 

 「ヒメリュウキンカ (姫立金花)」

 元は鉢植えしていたものが、いつの間にか、脱走して、小花壇の縁取りにしている「リュウノヒゲ」の中に隠れていたもの、花が咲いては存在がばれて近日、鉢に戻されるはめになりそう!。

 

 

「エイザンスミレ (叡山菫)」 

 昨年はよく咲いたが、今年はこの二輪でおしまいかも?。

  

 「プ リ ム ラ」

  

 「ワスレナグサ (勿忘草)」

今年の一番咲き。

  

 「クリスマスパレード」

 ご苦労なことだが、年末からずっと咲き続けている。 しかし、ピンクの部分が現れて今が一番美しい。 「花写真館」にも追加登録する。

  

 「ペチコートスイセン」

 

 続々と花が咲き始めたので、うっかりしていると取りこぼしが出るので、写真屋は忙しくなる。

 

コメント (2)