木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1347 庭の花(27-10)

2015-04-23 08:00:00 | 我が庭の花

  今年10回目の庭の花を紹介します。 巷では、日照不足で野菜の出来が悪く、値段がかなり上がっているとの報道がありますが、我が家の庭はただでも日当たりが悪いので、花の咲き具合が例年に比べ一層落ちています。

 

 「セネシオ」 またの名を 「キオウ(貴凰)」

No055

 

「ウラシマソウ(浦島草)」

葉はおおきくなっていますが、まだ花が十分育っていません。 この釣り糸では大物は狙えないですねー!。

No051

 

「アニソドンテア」 またの名を 「サクラアオイ(桜葵)」

夏も冬も一年中咲いてる、まことにありがたい花です。 これからが本格的シーズンになるので、どんどん咲きます。

No014

 

「ルリチョウソウ(瑠璃蝶草)」

No042

 

「シャクナゲ(石楠花)」

No047

 

「セイヨウオダマキ(西洋苧環)」

No052

 

「サクラソウ(桜草)」(原種)

「サクラソウ」は園芸品種も相当に多く、いろんな花がつくられていますが、この白はその元になる”原種”です。 小さくて淡泊で質素ですが、その控えめな所がいいと思います。 結構強く、放置していてもあちこちに飛んで咲いています。

No005

 

 「マーガレット」

No041

 

「エビネ(海老根)」

 根が海老ににているので、この名前がついたそうです。

No054

 

「ムサシアブミ(武蔵鐙)」

ようやく”あぶみ”がそれらしくなってきました。

No039

 

「オダマキ(苧環)」

この花は、私が生まれた田舎の家に古くからあって、もしかしたら、”花”を花と意識して見た最初の花かも知れないと、実は思っているのですが・・・?。

No053

 

「バイカイカリソウ(梅花錨草)」

小さくて可憐な花ですが、毎年元気に咲いてくれます。

No046

 

3月7日以来一日たりとも休むことなく、一か月半続いた当ブログもついに本日でネタ切となりました。 4月24、25日は小旅行に出ることもあって、明日から数日間休まて頂くことになりそうなので、よろしくお願い致します。

 

 

コメント (4)